17歳の日本女子OP覇者『畑岡奈紗』がすごい!米女子ツアー最終予選会2Rで首位浮上

  • 2016/12/2

2016の日本女子オープン、優勝を飾ったのは17歳のアマチュア選手『畑岡奈紗』でした。プロ転向の会見では米女子ツアーへの熱意を強く語った彼女。見事にその道を突き進んでいます!

■2Rで首位浮上!輝く笑顔で『明日からも頑張ります!』

現在、米フロリダのデイトナビーチで行われているのが、米女子ツアーの来シーズンの出場資格獲得に挑む選手たちの最終予選会です。

5日間の日程で行われるこのファイナルQTの2日目、首位に浮上したのが日本の畑岡奈紗選手。
本年10月、日本女子オープンで国内初のアマチュアのメジャー優勝者となった若干17歳の新星です。その後、彼女がプロ転向の記者会見で米女子ツアー参戦への熱意を語ったのも記憶に新しいところ。

Nasa Hataoka

今回、ファイナルQTの2日目は65というビッグスコアで首位タイへ。

LPGAの公式サイト等でも「17-year-old rising star Nasa Hataoka (17歳のライジング・スター)畑岡奈紗」と評され、注目を集めています。

予選会は今後も続き、4R終了時に70位タイまでの選手が最終ラウンドに出場することができます。そしてその最終ラウンドでの上位20人は、来季の大半の試合に出られる出場権を獲得することに。

『明日からも頑張ります!』と元気にコメントする笑顔からは、まだあどけない可愛らしさもにじむ畑岡選手ですが、その実力は破格。

17歳のライジング・スターのこれからの活躍が楽しみですね!

photo/ ©Symetra Tour

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る