ジュニアゴルファーたちの熱い挑戦「ダンロップ・スリクソン福島オープン ジュニア大会」

  • 2016/7/3

7月21日~24日の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」に先駆け、6月18日に開催された「ダンロップ・スリクソン福島オープン ジュニア大会」。夢へのチャレンジを掛け、ジュニアゴルファーたちの熱い戦いが繰り広げられました。

■ジュニア育成にも注力「ダンロップ・スリクソン福島オープン」

「ふくしまからはじめよう」。
そんなメッセージとともに、東北唯一の男子トーナメントとして、地域におけるスポーツ文化の活性化や、子供達の育成などにも取り組みを続けている「ダンロップ・スリクソン福島オープン」。

今年は7月21日~24日に開催されます。その大会に先んじて、ジュニアゴルファーたちの夢への挑戦が行われました。
w69-03

■勝者に「東北チャレンジ」出場権!「ダンロップ・スリクソン福島オープン ジュニア大会」

6月18日に「ダンロップ・スリクソン福島オープン ジュニア大会」が行われたのは、グランディ那須白河ゴルフクラブNASUコース。
w69-02
福島県をはじめ、栃木県、宮城県、茨城県、新潟県、山形県、東京都から55名の選手が出場しました。
カテゴリーは高校男子、中学男子、小学男子、高校女子、中学女子、小学女子。
w69-04

高校男子と中学男子の、各上位者2名ずつには「ダンロップ・スリクソン福島オープン」の予選会である「東北チャレンジ」の出場権が贈られました。

w69-05

また出場権獲得者以外の各カテゴリー上位者にも、プロによるラウンドレッスンや懇親会が行われる「ジュニア育成プロ交流プログラム」の参加権が。

今回、東北チャレンジに出場が決定したのは、この4名。

w69-ogimg-1
左から 猪狩 広大君、佐々木 尚紀君、杉原 歩樹君、工藤 大河君です。

地元福島県出身の佐々木君は「最終予選の東北チャレンジを通過してダンロップ・スリクソン福島オープンに出場したい。将来の夢はプロゴルファーになること」とコメント。彼らのこれからの活躍が期待されます。

また、当日はダンロップ・スリクソン福島オープン大会アンバサダーの髙橋 竜彦プロも駆けつけ、ジュニアゴルファーたちに熱心に指導する姿も見られました。
w69-07

■ダンロップ・スリクソン福島オープンは7月21日から!

上記のジュニアゴルファーたちが出場を目指す「ダンロップ・スリクソン福島オープン」は、ダンロップスポーツが福島中央テレビ、日本ゴルフツアー機構とともに開催するトーナメントです。
舞台となるのはグランディ那須白河ゴルフクラブ。

詳細はこちら→(大会ホームページhttp://fukushimaopengolf.fct.co.jp/

【前売り券についてのお問い合わせ先】
ダンロップ・スリクソン福島オープン大会事務局 TEL:024-933-3190
(平日9:30~17:30祝日を除く)
本大会コースのグランディ那須白河ゴルフクラブは「新白河」駅から無料送迎バスで約10分。「東京」駅から「新白河」駅まで東北新幹線で約1時間20分と、都内からでも気楽に行けるコースです。

また本大会の開催に先駆け、7月9日には加瀬秀樹プロ、石渡俊彦プロによるスナッグゴルフ体験会やトークショーなどが開かれる活性化イベントも行われます。

昨年の様子

昨年の様子

(昨年の様子→公式サイトhttp://golf.dunlop.co.jp/tourinfo/27/index.html

【こんな記事もどうぞ!】
ゴルディアツアー第2戦も大盛況!【GTバーディーズカップ・一本選手権・女子プロバーディーズカップ】
イ・ボミの美しいFWは「左足重心&ハンドファースト」がポイント!
必見!ビートたけし&ビートきよし「TEAM SERIZAWA」に登場

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る