【MSJF】丸山茂樹ジュニアファンデーション「親子ショートコースゴルフ大会」が20日開催された。

  • 2017/5/22

男子プロゴルフの米ツアー3勝の丸山茂樹(セガサミーホールディングス)が代表を務める「丸山茂樹ジュニアファンデーション 親子ショートコースゴルフ大会」が20日、東京・杉並区のハイランドセンターで開かれた。

丸山茂樹ジュニアファンデーションは、ジュニアゴルファーの育成、人間形成、環境保護などを目的とした社会貢献事業団体で、「少しでもジュニアゴルファーがプロゴルファーと触れ合ったり試合経験を積めるようにいろいろな形で子供たちに場を提供する」ことを目的にしており、大会の主催のほか、キッズ向けのゴルフ体験会やチャリティ活動を続けている。

今回の「親子ショートコースゴルフ大会」も参加費は無料。杉並区次世代育成基金への2,000円のチャリティー金を支払って小学1~4年生の男女36人が参加し、6ホール2周の計12ホールで争われた。

 

快晴に恵まれ、参加者は1番ホールで丸山と日本女子ツアー通算18勝の服部道子(48)とのニアピン対決(障害物超えや指定クラブ選択などのハンデキャップ戦)も行われ、大いに盛り上がった。

 

さすがの丸山茂樹は、キャディバッグを超えるロブショットを披露。
全米女子アマを制した服部は、大きくグリーンオーバーさせてしまう場面も・・・・

ニアピン勝者チーム(結果参加者全員)は、丸山・服部・内藤のサイン入りボールをプレゼントされた。

 

丸山は「天気が良くて、無事に終われてよかったです。世界ジュニアで出た子とかも来てくれてうれしい。いつか、日本全国のトップレベルの子供たちを呼んだイベントもやってみたいですね。それを夢見ています」と今後の展開を口にした。

表彰式では各学年上位者にメダルも授与され、丸山や服部、内藤雄士コーチ(47)は子供たち全員と笑顔で記念撮影。

 

丸山は「こういう機会を増やして、みんなとの交流を増やしていきたいです。成長するのを楽しみにしているので、いっぱい勉強して、いっぱい練習して、頑張って下さいね」と閉会の挨拶を語った。

次回は8月末に開催予定。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 私たちは宣言します。 “もっと面白くします!” そう宣言した今号は 「なぜオヤジは女子プロより…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. すでに周知の通りだが、現在ドライバーは45インチを超える長さを要すという意味は完全に過去のものとなっ…
  2. ヤマハのNew『RMX ユーティリティー』は、 真芯で打てる「高効率インパクト形状」「低重心ヘッド構…
  3. 芝の上からの飛距離性能を追求した専用設計を搭載。「BOOST WAVE CROWN」と「POWER …
  4. キャロウェイのX FORGEDアイアンは、2007年に軟鉄鍛造キャビティーアイアンとして初代が発売さ…
  5. 高いミート率を武器に飛ばす女子プロ。では、なぜミート率をアップできるのか? ということで、今回は女…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る