【TPIセミナー】TPI認定プロフェッショナルを養成するワークショップが開催。CGFIライセンスを取得してみないか!?

  • 2017/9/22

TPI(タイトリスト・パフォーマンス・インスティテュート)は、ゴルフ・パフォーマンスの向上のために身体のコンディショニング、スイングメカニズム、用具の研究や開発を目的として設立され、世界屈指の最先端技術や分析技術施設を備えている。
世界中のゴルファーから収集されるデータの蓄積と研究に基づきTPI認定ゴルフフィットネスインストラクター を養成し、そのプログラム(TPI CGFI)を多くのゴルファーに提供している。
世界58か国でワークショップを開催し、すでに15,000名を超える認定プロフェッショナルを養成している。ゴルファーの可能性やパフォーマンス向上を制限する身体的特徴を見つけ出し、レベルアップへ導くプログラムを提供。加えて、ゴルフスイング・バイオメカニクスから身体的なスクリーニング技術、エクササイズメニュー、ゴルフスイング分析の各分野における最新の研究に至るまで、 ゴルフに特化した健康とフィットネスの最新情報を提供している。

今回、国内でタイトリストやFJを取り扱うアクシネット ジャパン インクがスポンサードしている、TPIの認定 プロフェッショナル[Level 1]ワークショップが2017年12月5日(火)~12月6日(水)に、東京・外苑前TEPIAホールにて開催される。

TPIの共同創設者としてグレッグ・ローズ博士と名を連ねる「デーブ・フィリップス」や元Jリーグ(ジェフ千葉、川崎フロンターレ、ジュビロ磐田)のアスレティックトレーナーの山口英裕氏を講師陣に迎え、総合的なトレーニングマニュアルに基づいて実施される。
受講終了時にTPIオンライン認定テスト受験を行い、ライセンス取得するという流れだ。
この機会にTPI公認ライセンスを取得してみてはいかがだろう?

TPI ワークショップ概略

■[Level 1]ワークショップ
ゴルファーとしての運動能力は個々の身体的な制約によってうまく活かされません。身体とスイングのつながりを 16のフィジカルスクリーニングを通じて、その原因となる12種のスイング特徴を探り、65種以上の多様なエクササイズを活用して解決策を見出します。
総合的なトレーニングマニュアルに基づいて実施され、受講終了時にTPIオンライン認定テスト受験をしていただきます。
TPIオンライン認定試験にパスしてはじめて、TPI CGFI [Level 1]ライセンスが付与されます。

受講料は995ドル。お申し込みはmytpi.comから。

<講師紹介>

Dave Phillips / デーブ・フィリップス
TPIの共同創設者としてグレッグ・ローズ博士と名を連ねる。コンピュータによるスイング分析や3Dバイオメカニクスを活用した指導方法を生み出しました。25年以上も世界有数のゴルフインストラクターとしての経験を持ち、ゴルフマガジン誌トップ100、ゴルフダイジェスト誌トップ50に選出されています。また、ゴルフチャンネルのGolf Fitness Academyのホストとして出演をしており、それらは世界77か国で放映されています。また、各国で年間30を超えるセミナーを開催。

山口英裕 / やまぐち えいゆう氏
TPI公認[Level 1]講師、(株)エンズ代表取締役社長。 元Jリーグ(ジェフ千葉、川崎フロンターレ、ジュビロ磐田)のアスレティックトレーナー。国士舘大学で教鞭を執り、TPIプログラムを使用してBITSパフォーマンススタジオやTHE JEXER TOKYOでゴルファーを指導。翻訳家としても活躍中。

【問い合わせ先】

TPIセミナー事務局e-mail: tpi@titleist.co.jp

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る