PING i200アイアン 3月発売!

  • 2017/1/12

PING史上、定評のあるEYE2の血統を受け継ぐiアイアンシリーズにNEWモデルが登場する。

ブレードに近いルックスが特徴

「鈴木愛プロ」を筆頭に、数多くの女子プロが信頼を寄せるiシリーズアイアン。前作のiアイアンと比較するとかなりシンプル&シャープでブレードに近いルックスが特徴だ。

▪️ハードなルックスだが広いスイート

一見、ハードヒッター向けのブレードアイアンを彷彿させるが、実際に打ってみるとかなり打感が柔らかい。スイートも広めなので安心感を持って叩きに行ける感覚。

それもそのはず、約2.3mmの極薄フェースの後方に、約2倍の面積を誇る大型エラストマーCTPを搭載し、心地よい打感を生み出しているそうだ

また重量周辺配分に設計されたバックフェース構造により、ミスヒットにも強い構造へと進化している。

約2倍の面積を誇る大型エラストマーCTPを搭載

実際にアドレスしてみると、前作のiシリーズより約2%細いトップレールと長めのホーゼルがアドレスした際のフィーリングに心地よさを覚える。

打感は柔らかく、イメージ通りに上がってくれる打球ボールはその重量配分による効果であろう。しかし低重心を実現するためのタングスタンは一切使われていないとの事。

ミスヒットにも強い構造

▪️フェースにステンレススチールを採用

フェースには、ソフトな431ステンレススチールが採用されており、8番~UWにおいては、高精度のミーリング溝が彫刻されており、スピン性能が向上している。

疎水性の高いパールクローム仕上げを採用することにより、雨天や朝露で濡れた状態からでも安定したスピン性能が発揮できるため、どんな状態からでも確実にピンを狙っていける。

ソフトな431ステンレススチールをフェースに採用

見た目はシャープでハードスペックだが、柔らかくミスに強いI200アイアンは本年、3月から順次発売予定となる。

 

▪️標準シャフトスペック

スペック

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る