【オデッセイ】 新開発マイクロヒンジ・インサートで、かつてない順回転 「O-WORKS パター」 発売開始

  • 2017/3/13

キャロウェイ・オデッセイより、2017年2月24日「O-WORKS パター」が発売された。

契約プロによる試打インプレッション

「O-WORKS パター」の最大のポイントは、新開発の「マイクロヒンジ・インサート」だ。同インサートはステンレスのマイクロヒンジ・プレートとサーモプラスチックウレタンを一体成型。これによりインパクト直後からかつてない順回転をもたらし、方向性、距離感ともに大きく向上。カップインの確率を格段に高めます。ラインアップは、スタンダードタイプ9モデルに加え、TANKバージョンも 2種類用意。いずれも、SuperStroke グリップを採用している。

マイクロヒンジ・インサートが生む抜群の転がり

新開発「マイクロヒンジ・インサート」は、フェース面に浮き出た爪状のヒンジ部分が、従来より早く、順回転を生み出す。これにより、芝目の影響を最小限にでき、方向性と距離感が向上する。ボールスピードは、人気のWHITE HOT インサートと同等。

ウレタンの上に浮き出たようなステンレスプレートのヒンジ

「マイクロヒンジ・インサート」は2種類の素材を一体成型したもの。ヒンジとは、英語で蝶番(ちょうつがい)の意味。ステンレスのいわば爪状のヒンジの表面が、ウレタンの隆起した部分の上に数多く顔を出しているような形状となっている。

インパクトでヒンジがボールに素早く順回転をかける

従来のパターでは、インパクト後、ボールが跳ねたり滑ったりして、転がり方がその都度変わってしまう。一方、O-WORKSでは、インパクトしてすぐに、ヒンジがボールに順回転をかけてくれる。この結果、ボールの転がりは安定し、方向性や距離感をコントロールしやすくなる。

比較検証ムービー

さらに構えやすくなったNEW VERSA アライメント

NEW VERSA アライメントは、従来のものに赤いサイトラインを追加。フェースの向きがより見やすくなり、正確なセットアップが可能となっている。ブレードタイプには新たにT字型のNEW VERSA T アライメント、マレットタイプには、従来から評価の高いVERSA(ホリゾンタル)アライメントを採用。

「人が正しく打つ努力をするのではなく、インサートがその作業をしてくれる」

INTERVIEW : “AUSTIE ROLLINSON”(オデッセイ・チーフデザイナー)

「O-WORKSのマイクロヒンジ・インサートは、オデッセイ・ワークスのフュージョン RX インサートを元に開発が始まっており、より順回転をかけたいということが出発点でした。ただ、今回のインサートは、まったく新しいアイデアのものです。パッティングには2つのフェーズがあります。1つ目は、スキッド(横滑り)フェーズで、これはパッティングの全体距離の、最初のおおよそ10%です。2つ目はピュアロールフェーズ。ピュアロールフェーズでは普通にボールが転がった状態ですが、1つ目のスキッドフェーズでは、ボールが跳ねたり、滑ったりしています。このとき、ボールは芝との摩擦がありますし、グリーンのスピードによっても摩擦の度合いは変わってきます。また、跳ねる角度によってもボールのスピードは変わり、一定しません。この10%では、ボールが予測不可能な動きをしてしまうわけです。」

【O-WORKS パター スペック】

【O-WORKS TANK パター スペック】

長さ測定方法変更に関するお知らせ

キャロウェイゴルフでは、オデッセイパターの長さ測定方法を変更。 これまでは、シャフトエンド(グリップ装着前)までの測定を行っていたが、新しい方法では、 グリップエンド(グリップ装着後)までの測定に変更。この変更は、昨今の新しいグリップの設計が多岐に渡っており、パター長さに影響するグリップエンドキャップ部の厚みも多様化してきた事で、カタログ表記等の長さと実際のパター長さを合わせていく事を目的としている。 またこの変更は、「O-WORKSパター」より採用されており、旧測定方法と新測定方法の製品が一部店頭で混在しているので注意が必要だ。

【問い合わせ先】
キャロウェイゴルフ株式会社
お客様ダイヤル Tel:0120-300-147

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る