【NIKE GOLF】タイガー・ウッズのNewシグニチャーモデル・ゴルフシューズ”Nike TW’17”が2017年4月1日からNIKE.COM/GOLFで発売。

  • 2017/4/1

数多くののゴルフファンがタイガー・ウッズの復活を心待ちにしている。彼の一挙手一投足がニュースとして世界中を駆け巡り、彼の偉業を讃え、そしてまたゴルフ界に勢いと感動をもたらしてくれると信じて。幾度もの怪我と手術、そしてリハビリを繰り返しながら、2017年シーズンに、トーナメントで、そしてメジャーでの復活を目指して繰り返される努力は、並大抵のことではないだろう。

さて、タイガー・ウッズの復活を支えるギアが登場した。今回ナイキから発表された【Nike TW’17】は甲の部分をサポートする二重の革新的なストラップシステムが特徴的だ。しっかりと足とシューズを密着させながら、フィット感も調節できる機能。

「この革新的なストラップシステムの優れた点は、自分にぴったり合うようにカスタマイズできること。タイガーの場合、内側のストラップはきつく締めず緩めにして内側部分に余裕をもたせながら、側面のストラップはしっかりと締めて着用している。でもアスリートによっては全く逆の締め方を好むこともあるので、どちらの場合でも全く問題はなくゴルファーの足や感覚に合わせて調整ができるのです。」とナイキのアスリート・イノベーション  シニア・ディレクターであるトビー・ハットフィールドは語った。

「このシューズは、私が愛してやまないゴルフへの復帰に絶対に欠かせない。ナイキは私のリクエスト通りのモデルを作ってくれた。このモデルの最初のプロトタイプを履いた時、トビーと私は〝これは今までにない特別なゴルフシューズを作っているんだ〟と確信した。このスペシャルな【Nike TW ’17】は、私がコースに足を踏み出す時、最大限に自信を持たせてくれるし、最高の安心感を与えてくれる。」
とタイガーはコメントしている。

革新的なストラップシステムにより、ゴルファーは自分のスイングのスタイル、足のサイズ、好みに合うように履き心地をカスタマイズできるのが【Nike  TW ’17】だ。さらに踵の部分には、ナイキ・ズーム・エアの反撥性クッショニング材を採用。アッパーは撥水加工が施され、悪天候にも対応。TPU アウトソールと交換可能な7つのスパイクによって最適なグリップ力も発揮する。

【Nike TW ’17】の開発には、タイガーと共にアスリート・イノベーション、シニア・ディレクターのトビー・ハットフィールド率いるナイキチームが一年半以上を費やし、タイガーのリハビリ中からこの開発チームは共に過ごし、彼のニーズを形にして行ったという。

・2015年7月:サルファー・スプリングス、ウエスト・バージニア州
タイガーとハットフィールドは『ザ・グリーンブリア・クラシック』開催中、夕食を兼ねて打ち合わせをし、その際に次世代の新しいフットウェアの開発に同意。単純に今履いているゴルフシューズをアップデートするだけに留まりたく無いことと、ウッズ自身、新しいスウィングの軸を左足から右足にシフトしていることが話し合いの中で明らかになった。
X字のストラップを描いたスケッチをみたタイガーは、「理屈は理解できる。是非試したてみたい。上手くいくかどうかテストしたい」とコメント。

カール・マドーレによる【Nike TW ’17】のスケッチ

・2015年10月:ジュピター、フロリダ州
ハットフィールドは、フロリダ州にあるタイガーの自宅に4種類のプロトタイプを届ける。全てのプロトタイプは、シューズで足元をしっかり支えるというタイガーの要望に応えていた。タイガーはこの4種類の中から1モデルを選び、それを基に新しいフットウェアの開発が進められた。

・2016年2月:ジュピター、フロリダ州
ハットフィールドとナイキゴルフ・フットウェア、イノベーション・デザインリーダーのカール・マドールは、プロトタイプを基にしたモデルをベースにし、4つのオプションをタイガーに提案。タイガーはシミュレーターのマシンを使ってスイングし、1ラウンドを通してしっかりと足元を安定させることがイメージできる革新的なストラップシステムに関心を示す。

・2016年4月:グラニテビル、サウスキャロライナ州
ナイキはタイガーのもとに、完成品を届けた。タイガーはコース上でのテストをスタート。手術から復帰して以来、タイガーは【Nike TW ’17】しか履いていない。

トビー・ハットフィールドが語るタイガー・ウッズとの【Nike  TW ’17】開発

・タイガーとの共同開発のユニークな点は?
タイガーは、フットウェアのデザインで使われる専門用語を学ぼうとし、私たちと同じ用語を使おうとする。それがデザインや開発プロセスの助けになることを彼は知っているから。だから他のデザイナーと話すように、私は彼とコミュニケーションできる。私はタイガーのそんな前向きな姿勢をリスペクトしているし、我々開発者を理解したいという気持ちに感謝している。

・タイガーの今までのモデルの開発と【Nike TW’17】の開発で違う点は?
【Nike TW’13】で私がタイガーと始めて一緒にプロジェクトをスタートした時、タイガーは、最初の段階からから自分のシューズの開発に深く関わることを望んでいたし、それまで履いていたモデルのスパイクの位置や、同じ固さのシューズをベースにすることを彼は全く考えてなかった。だから【Nike  TW’13】のプロトタイプをタイガーに見せた時、彼が理想とするモデルとは全く違っていたので私たちは【Nike TW’13】を一からやり直さなければならず、開発は簡単には進まなかった。さらに、既にシューズとして完成していたモデルでテストしたので、タイガーはそれぞれのパーツ毎で評価するのではなく、スイング中のアッパーのホールド感、グリップ性能、スパイクの配置など全てに対して同時にコメントしていたから、開発サイドにとってはとてもわかりにくかった。その上に、タイガーは開発中のモデルでツアーに出場しようとしていた。アスリートがシーズン中に、完全に新しい手法で、全く新しいシューズを作ろうとしていたのだから、【Nike TW’13】の開発は私が今までナイキで働いていた中で、もっとも困難な経験だった。
この経験を踏まえ、【Nike TW’17】は最初から全てパーツ毎にフォーカスして、それぞれの部分を同時進行的に開発していった。【Nike TW’17】は各パーツの完成度が高い、タイガーの希望をほぼ完璧に叶えたモデルだと思っている。

・【Nike TW’17】の制作過程は?
通常と異なり、まずはアッパーからスタートした。そしてプレートそのもの、さらにはスパイクを配置して、そのあとに固さを調整した。このような段階を踏んだプロセスによって【NikeTW ’17】はピース毎にデザインすることができた。

開発拠点であるナイキ WHQ(ワールドヘッドクォーター)で、カール・マドーレ(ナイキゴルフ・フットウェアのイノベーション・デザインリード)とパターンエンジニアリング担当のジェニー・モノットに「ゴルフの一番良い構造が何になるかは分からないが、まずシンプルなホワイトの合成皮革で、アッパーのパターンをいくつか作ってみよう」と提案してみた。

8~9 種類作ったパターンにストラップを搭載して、タイガーがボールを打ちながらテストした結果、候補を絞った。アッパーの開発にある程度目処がついた後でシューズのボトム部分に取り掛かった。通常は靴底の開発から取りかかることが多いのだが、今回その逆から始めたのは、タイガーのフィードバックにより、このモデルのポイントは、アッパーだったからだ。

プレートの設計は、大抵最も時間がかかる。アッパーは、2 日以内で裁断ができるが、ボトムは、プラスチック、ミッドソール、フォームの 3 構造あるので完成するまでにゆうに 6 週間かかってしまった。

・【Nike TW’17】開発に大きなハードルや問題はあったか?
このアッパーが焦点となったのは、タイガーが右足に重心をかける新しいスイングを取り入れたから。彼の足をしっかりとサポートするパーツが必要になった。彼はもっとパワフルにスイングしたかったからだ。それが最大のハードルとなった。ストラップシステムに着手した後は、ストラップの一番良い角度を見つけることが大きな課題となった。ストラップをフラットにつけることに苦心したが、カールが〝前足部分を覆うアッパーのセクションの側面か外にストラップをつけては?〟というアイデアを思いついた。これは多くの難題を解決でき、フォルムもすっきりさせることができた。そして、完成したモデルをタイガーはとても気に入ってくれた。

【Nike  TW ’17】は、2色展開(ブラック/メタリックシルバーとホワイト/メタリックダークグレー)。

 
 
 
2017年4月1日から NIKE.COM/GOLFで先行発売。
ゴルフ専門店は2017年7月からの販売を予定している。

価格:¥23,000(税抜)

サイズ:25.0~29.0㎝

重量:377g(25.5cm/片足)

【問い合わせ先】

NIKE カスタマーサービス
電話:0120-645-377
ウェブサイト:NIKE.COM/GOLF

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. アマチュアと同じくらいのヘッドスピードなのに250ヤード飛ばせる秘訣とは!? ヘッドスピード42m…
  2. 全国のタイトリスト・ボーケイマニアにはたまらないファッションアイテムが発売される。 世界でも日本で…
  3. ナイキの公式サイトにとてもユニークで楽しい動画がアップされているのをご覧いただいただろうか?ドラマ仕…
  4. 日に日に陽射しも暖かさを増し、街中の緑が鮮やかになってきた今日この頃。ゴールデンウィークも目前とあっ…
  5. 国内プロトーナメント使用率No,1と製品性能には折り紙つきのグラファイトデザインのTOUR ADシリ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る