【new balance】芹澤信雄と藤田寛之が認めるクラフトマンシップとフィット性のNBゴルフシューズ!!

  • 2017/4/14

シューズ業界では110年を超える老舗ブランドのニューバランス。今まで、逆になかったことが不思議なくらいだが、ようやく昨年、ゴルフシューズが発売された。ゴルフを楽しむ人々に向けてニューバランスが提案するゴルフシューズとは、一体どのようなものなのだろうか?

真面目に靴作りに励んで110年のNBが長い歴史の中で培ってきたノウハウを投入!

①見えないところまで快適性を追求。


ゴルフ用成形インソールを採用し、はき心地の良さを実現。18ホール歩いても疲れにくく、最終ホールまで楽しくプレーできる。

②ヒモの結び直しのイライラを解消。


最良のフィット感が得られるBOA®クロージャーシステムを採用。ヒモが解けて結び直す必要もないので快適。

③フィット性が売りのNB。日本人の足にフィット。


これまでランニングを中心に培ってきたフィット性をゴルフシューズにも活用。中足部に幅をもたせつつ、アーチはフィットする構造のラストに。

④柔らかいソールで確かなグリップ力。


適度な柔軟性と剛性を兼ね備えるアウトソールが、安定性とグリップ力を発揮。ここ一番飛ばしたいと、強振する時や雨の日なども滑らない。

どんなライでも抜群の安定感!


アゴの高いバンカーのように足場が不安定なライでも、しっかり踏ん張ることができる。

あとひと伸びをサポートするグリップ力。


ドライバーやFWなど、ロングショットの時には特に、ソフトスパイクのグリップ力が高く、滑らないので飛距離アップが期待できる。

今年で契約2年目を迎える芹澤と藤田、プロはBOAよりもヒモがお気に入りだという。

ボストンで誕生以来、フィット性を追求してきたニューバランス。

1906年、アーチサポートインソールや矯正靴の製造メーカーとして米国ボストンの地に誕生した「ニューバランス(NB)」。社名は、履いた人に“新しいバランス”感覚をもたらすことに由来するが、長年に渡って培われた足の解剖学的な知識や整形外科・運動生理学への深い理解、ノウハウなどをこのたびゴルフシューズにも投入。“新しいバランス”感覚のゴルフシューズが好評販売中だ。

契約選手の芹澤、藤田に話を聞いてみると、「NBの履き心地は最高で、特に足全体を包み込むようなホールド感がある」という。スイング中の動きやプレー中の長時間に渡る歩行でも、足が疲れにくく、スイングのブレも抑えられ、足を包み込むようなフィット感も特徴だ。

真面目にコツコツとシューズ作りを行ってきた老舗の“新感覚”ゴルフシューズ。ぜひ一度試してみてはいかが?



MGB574
ニューバランスのシグニチャーモデル「574」とデザインリンクしたスタイリッシュなモデル。軽量でクッション性のあるミッドソール素材を採用し、疲労軽減をサポート。男性用。カラーは全3色。
24.5~29㎝。価格:オープン。


WG1000 (women’s)
ウォーキングシューズをベースに、ゴルフ用に開発したモデル。カラー全3色。
22.5㎝~25.5㎝。価格:オープン。


WGB574 (women’s)
シグニチャーモデル「574」の女性用モデル。アッパー構造の工夫で軽量化し、それぞれ形状が異なるアウトソールの突起部分が、地面への安定性や着地性を実現。カラー全3色。
22.5㎝~25.5㎝。価格:オープン。


芹澤信雄(TSIグルーヴ&スポーツ)
1959年11月10日生まれ。173㎝、70㎏。ツアー通算5勝。うちメジャーは1勝。藤田寛之、宮本勝昌、上井邦裕らチーム芹沢を率いる師匠。特にショートゲームに定評がある。

藤田寛之(葛城GC)
1969年6月16日生まれ。168㎝、70㎏。ツアー通算18勝、国内メジャー3勝。43歳で初の賞金王にも輝いた。海外ツアー遠征にも積極的な、中年の星。

【問い合わせ先】
ニューバランス
お客様相談室:0120-85-0997
ウェイブサイト:www.newbalance.co.jp/golf

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月はスコアアップの最大の障害である「ダフリをなくす」ための企画が満載です。 大人気のレッスンプロ…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 最近のゴルフは、ほとんどがカートでラウンドするので、以前に比べるとかなり進行も早くて、疲れないように…
  2. 2016年の米国ゴルフダイジェストのホットリストのボール部門1位を獲得して、世界中でメジャーブランド…
  3. 「ダフリ」と一口に言っても、原因はさまざま!! 下半身がブレたり、すくい打ったり、上体が突っ込んだり…
  4. スリクソンから、ソフトな打感で飛距離とスピンコントロール性能に定評のある「スリクソン AD333」に…
  5. 芝が青々とする6、7月はラフも長くなり、アイアンが苦手な人には厳しい季節だ。アイアンではダフリ、トッ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る