【FootJoy】プロが支持する性能、安定性と快適性のスパイクレスシューズ ”FJ RPO/SL Boa” 登場!!

  • 2017/6/19

さて、進化したスパイクレスシューズは、今や通常のスパイクシューズと比較してもなんら遜色がないほどだ。今から10年ほど前までスタンダードだった、鉄製のスパイクも今や絶滅し、大半のゴルフ場では着用が禁止されている。

一世代昔のスパイクレスは、そのグリップ性能の低さから、滑りやすい芝の上や、斜面などの悪いライからのショットには不向きと言われていたが、この進化版のスパイクレスは、その機能性で十分にカバーするようになった。磨耗が激しく、常に取り替えを余儀なくされるソフトスパイクのビスも不要。タウンユースにも違和感なく耐えられるデザイン。そして何よりも格段に向上した履き心地。

今現在、スパイクレスシューズがゴルフシューズのトレンドとなる理由ははっきりしている。

独特なミッド・アウトソール構造が世界中のツアープロから支持される。

面で捉えるグリップ力

柔らかく履き心地がよく、防水性にも優れたミッド・アウトソールが合体。 特徴ある3つの異なったレイヤーは、足裏の心地よさをキープし、優れた安定感をサポート、そしてスパイクレスの面によるグリップ性能を実現。

多くのプロが使用

現在、自ら選択し着用している海外のプロは、アダム・スコット、ルイス・ウーストハイゼン、ケビン・ナ、アンドリュー・“ビーフ”・ジョンストン、バーンド・ワイズバーガーなど、PGAツアーやヨーロピアンツアープロの数十人近くが、快適性とこのスパイクレスの性能を支持している。

秘密は「3層構造アウトソール」

~ プロの要望を満たす、FJがこだわる構造 ~

ツアープロに支持される性能と心地良さが融合したFTF(ファイン・チューンド・フォーム)と呼ばれるポリマーアウトソールは、一般的はEVA樹脂製フォームと比べ約10%の軽量化を実現している。クッション性と衝撃吸収性が向上し、優れた心地よさを提供。 FTFは3つのレイヤーから構成されており、それぞれが独特な特徴と優位性を持っているのだ。

 

<クッション性>

軽量で柔らかいFTFが、ラウンド中も足底の心地良さをキープ。

<安定性>

軽量でありながらもしっかりとブレンドされたFTFが、スイングの間の安定感をサポート。

<グリップ性>

耐久性に優れたTPUアウトソールは、スパイクレスの面によるコンタクトを実現し、ティーショットからショートゲームまで、あらゆるショットとコンディションに威力を発揮。

「Boa®クロージャーシステム」

ゴルフシューズではフットジョイだけが採用する、かかとにダイヤルを配置するヒールマウントシステム®。
片手かつ立ちながらでもできる簡単な操作性もさることながら、ワイヤーレースが甲部分から履き口までをしっかりホールドし、シューズ内での足(特にかかと)のスリップ、ブレを軽減。
ワイヤーレース同士の摩擦が少ないので、足の動きに合わせて圧力が分散され、包まれるようなフィット感を得ることができる。

快適性と安定性の両立・プロダクトマネージャーが語る製品特性
~ 他のスパイクレスにはない構造とそのバランス ~

【問い合わせ先】
アクシネット ジャパン フットジョイ事業部
フリーダイヤル: 0120-935-325
ウェブサイト: www.footjoy.jp

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る