【Cleveland】独自のアライメント発想で正確なアドレスが可能!! クリーブランドから「TFi 2135 SATIN パター」シリーズが発売!!

  • 2017/7/17

ボールの半径と同じ21.35mmの高さに設定された独自のアライメントラインにより、正しいアドレスと距離感をサポート。ダンロップスポーツからクリーブランド「TFi 2135 SATIN パター」シリーズが2017年9月9日より発売される。

TFi 2135 SATIN パター:1.0

TFi 2135 SATIN パター:RHO

TFi 2135 SATIN パター:ELEVADO


TFi 2135 SATIN パター:CERO

商品のラインアップはブレードタイプの1.0、マレットタイプのELEVADO、RHO、CEROの4タイプ。
メーカー希望小売価格はいずれも16,000円+税。

■クリーブランド「TFi 2135 SATIN パター」シリーズの特長

正確なパッティングを生み出す「2135アライメント」

一般的なパターのアライメントラインは地面に近い部分にあるため、アドレス時に目の位置がボールの手前や先にある場合、フェースのセンターから外れてアドレスしてしまう。

そこで「TFi 2135 SATIN パター」シリーズではアライメントラインを標準ボールサイズの半径である「21.35mm」の高さに設定。これにより常にボールをフェースセンターに合わせた正確なアドレスが可能になり、ボールをフェースセンターでヒットできる確率を高めている。

赤い線 ・・・一般的なパターのアライメントラインへの目線
青い線 ・・・TFi 2135シリーズのアライメントラインへの目線

モデル別に最適化されたフェース・ミーリング

フェース表面に施されたミーリングは、幅が狭く深さが深いほどインパクト時のボールの変形が大きくなり、ボールへの伝達力が下がってしまう。
一方、ミーリングの幅が広く深さが浅いほどインパクト時のボールの変形は小さくなり、ボールへの力の伝達力は上がる。
「TFi 2135 SATIN パター」ではヘッドの慣性モーメントの大小にあわせて最適なミーリングを施すことで、ボールへの伝達力を安定させ、フェースセンター、オフセンターでヒットした際も最適なスピードと転がり、距離感を生み出す設計。

<均一化されたミーリングパターン>

ヘッドの慣性モーメントの大小により、フェースセンターとオフセンターでヒットした際のボールスピード差にバラつきが生じる。

◆慣性モーメント大の場合
打点差によるボールスピードがあまり変わらない。打点位置による転がりの差も小さい。

◆慣性モーメント小の場合
打点差によってボールスピードが変わりやすい。打点位置によって転がりの差も大きい。

<最適化されたミーリングパターン>

ヘッドの慣性モーメントの大小に合わせたミーリングパターンを施すことで、フェース全体で打点のボールスピードを安定させることが可能。

■緩やかに縮まるミーリングパターン
フェースセンターと、トゥ、ヒールのミーリング幅に大きな差をつけないパターン。打点位置によるボール初速差が出にくい、ヘッドの慣性モーメントが大きいモデルに採用。

■急激に縮まるミーリングパターン
フェースセンターと、トゥ、ヒールのミーリング幅が大きく異なるパターン。打点位置によるボール初速差が出やすい、ヘッドの慣性モーメントが小さいモデルに採用。

ソフトなフィーリングを実現するポリマーTPUインサート

フェースにソフトポリマーインサートを搭載したことで、ミーリングパターンの効果とあわせて、より振動吸収に優れたソフトなフィーリングを実現。

ハイコントラストなアライメントライン

「2135アライメントライン」をシルバーのボディに対してハイコントラストなカラーリングに設定。よりターゲットにラインを合わせやすいデザインとなっている。

■クリーブランド「TFi 2135 SATIN パター」シリーズの概要

  • 発売時期 : 2017年9月9日
  • メーカー希望小売価格 : 16,000円+税
  • ヘッド素材 : ボディ 17-4ステンレス+ソフトTPUインサートフェース AL6061アルミニウム
  • ヘッド製法 : ロストワックス精密鋳造
  • 仕上げ : ショット仕上げ+(ソール)サテン仕上げ、ミーリング加工(フェース)
  • グリップ : ラムキン TFi2135

クラブ MADE IN CHINA
オリジナルヘッドカバー MADE IN CHINA
*リリース内のスペックは設計値であるため、実測値と異なる場合があります。予めご了承ください。

【問い合わせ先】
ダンロップスポーツ
お客様専用フリーダイヤル:0120-65-3045
ウェブサイト:
http://golf.dunlop.co.jp/
http://www.clevelandgolf.co.jp/

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 明日から使えるレッスンがつまっている今月のテーマは「年代別上達のヒント」。 60〜70代は一生ゴル…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. ミズノが2017年7月21日、東京都内で新製品の発表会を開催。本年、9月15日に発売するNewモデル…
  2. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  3. 今季のメジャー第3戦、146回目を迎えるとなる『全英オープン』がロイヤルバークデールGCを舞台に20…
  4. 2017年7月13日~16日、TPCディアラン(米イリノイ州)で開催された「John Deere C…
  5. 構想から約2年をかけ、本年1月に某合同試打会にてその完成間近のプロトタイプを披露したZodia。 …

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る