【DynamicGold】ダイナミックゴールドのフィーリングとさらなる進化を実現した軽量シャフト「NewDGシリーズ」始動!!

  • 2017/8/1

世界中のスチールシャフト愛好家に絶大な人気を誇るダイナミックゴールド。日本国内ではDGはちょっと重くて扱いきれないというユーザーが多いのは事実。国内シャフトメーカーでも90g台後半から105g前後の売れ筋となっているが、やはりDGの高い弾道でピンに上から落とせる弾道性能は、いつの時代でもアスリート系ゴルファーには人気が高い。

そして今回ついにトゥルーテンパーから、DGのフィーリングはそのままに、さらなる性能の進化を実現した本格派軽量シャフトが発表された。

このNewDGシリーズ(DG95/DG105/DG120)は3年以上の歳月を費やして開発。素材、熱処理、トゥルーテンパー独自のシャフトの肉厚を複数個所で変えるVWT(バリアブル・ウォール・テクノロジー)や新たなステップパターンを採用する事で、従来品のダイナミックゴールドと同等のフィーリングとさらなる性能の進化を実現。

特に日本先行発売モデルのDG95 は、90g 台の軽量でありながら、従来品DGと相似的な剛性カーブにすることで、軽量シャフトにも関わらず、DGと同等のねばり感やコントロール性を再現。

ロボットテストの結果では、XP95 や他社製品よりも打出角が高く、スピン量を減少させ、初速も増加したことで飛距離もアップしている。

軽量シャフトの最大の利点である“振りやすさ”と“飛距離”をさらに向上させ、キックポイントをDG95は中元調子、DG105/120は元調子に設定することで、コントロール性との両立を保っている。

<ニューDGシリーズのターゲットゾーン >

● DGに憧れをもっているが、使用をあきらめている方
【→アベレージ : DG95/105/120】

● 以前にDGを使用していたが、現在は他社の軽量シャフトに変えた方
【→アクティブシニア : DG95/105】

● DGは使用しているが、もう少し軽量にしたい方
【→アスリート : DG105/120】

■ダイナミックゴールドシリーズでの比較

■ロボットテストでの結果 ※#6アイアンで計測

性能 :ロボットテストの結果、XP95や他社製品よりも打出角が高く、スピン量を減少させ、初速も増加したことで飛距離UPを実現。

発 売 :  2017 年9 月1日発売

価 格 :  オープン

Dynamic Gold 95

Dynamic Gold 105

Dynamic Gold 120

【問い合わせ先】
トゥルーテンパースポーツインクジャパン
電話:03-6820-6355
ウェブサイト:http://www.truetemper.co.jp

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る