【FUJIKURA】四代目 は“黒スピーダー”!! SPEEDER EVOシリーズに叩ける中調子NEWモデルが発売決定!!

  • 2017/8/6

2014年の誕生以来、女子プロを中心に絶大なる人気とトップクラスのモデル別使用率を保持する『Speeder EVOLUTION』シリーズ。
そのエヴォシリーズの最新モデル『Speeder EVOLUTION IV』が、2017年9月15日(金)から発売される。

飛距離性能が向上した、叩ける中調子『Speeder EVOLUTION IV』

開発コンセプト

2015年に発売した『Speeder EVOLUTION II』のミートしやすい設計をベースに、最新の素材を採用し、叩き感が一段と向上。歴代の『Speeder EVOLUTION』シリーズを支えてきた高品質のカーボン繊維を贅沢に使用することで、つかまりを改良。高いレベルで叩き・つかまり・しなりが融合したシャフトが誕生した。

◆採用マテリアル

  1. 高性能中弾性炭素繊維「“パイロフィル®”MR70」
    2017年4月に発売したジュエルライン「ダイヤモンドスピーダー」で初めて採用し、三菱ケミカル社製のシャフトにも使われている「“パイロフィル®”MR70」を採用。今まで以上に叩けるフィーリングを実現している。
  2. 超高弾性炭素繊維「90tカーボン」
    歴代のEVOシリーズ(II、III)、ジュエルライン(プラチナム、オニキス、ダイヤ)にも使用してきた超高弾性90tカーボンを採用。中調子の高い操作性に加え、つかまりが良い強いインパクトを可能にしている。
  3. 低樹脂カーボンシート「RC20%プリプレグ」
    カーボン繊維の比率を高めるため、樹脂量が少ないRC20%プリプレグをストレート全層に積層。動きのムダを排除し、より素直なしなり戻りを実現。

    ※RCとは、単位質量あたりの樹脂の占める量と質量のパーセンテージ。
  4. フジクラシャフト特許技術MCT®によるコンポジット「銅箔シート」
    フジクラシャフトの高い技術力の代名詞「Metal Composite Technology*(メタル・コンポジット・テクノロジー)」をEVOLUTION(II)、(III)に続いて今作でも採用。安定感の高いしなり戻りを継承している。

    * Metal Composite Technology(メタル・コンポジット・テクノロジー)とは、カーボンの設計自由度を最大限に発揮するための重心調整技術。フジクラシャフト独自の最新テクノロジーで、カーボンと金属の複合化が可能です。

◆採用テクノロジー

OUTER BIAS TECHNOLOGY(アウターバイアステクノロジー)
従来のシャフト設計では内側に積層するとされていたバイアス層を中間に積層する新技術。ストレート層とのサンドイッチ構造により、「ねじれ」と「しなり戻り」が一体化することで、シャフトの無駄な動きを抑制する。

左:<従来設計>    右:<OUTER BIAS TECHNOLOGY>

◆コスメティック

全長印刷による黒とシルバーのグラデーションを採用。

※裏面先端部分。

◆製品詳細スペック

◆製品概要

  • 製品名:『Speeder EVOLUTION IV』
  • 販売予定価格:40,000円(税別)
  • 発売日:2017年9月15日(金)
  • 展開カラー:黒とシルバーによるグラデーション
  • 販売店:全国のフジクラシャフト取扱店「フジクラフレンドリーショップ」、フジクラゴルフクラブ相談室
    (中野店、木場店、名古屋店、大阪店)

【問い合わせ先】
藤倉ゴム工業株式会社
スポーツ用品営業部
電話:03-3527-8433
ウェブサイト:www.fujikurashaft.jp

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る