【BRIDGESTONE】飛びとスピンが高次元のバランスへと進化したNewボール「TOUR B X/XS」が新登場!!

  • 2017/8/8

7月の国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で間も無く45歳を迎える宮本勝昌がトレードマークとも言える”オレンジ・ボール”ではなく、白いプロトタイプのボールを使用し、最終日63というスコアで逆転優勝したことがニュースで話題となったが、そのニューボールが2017年10月6日から発売される。
ブリヂストンの最新技術を結集したゴルフボール『BRIDGESTONE GOLF TOUR B X/XS』がそれだ。

このボールは、世界のトッププレーヤーたちの要求に応えたツアーボール『TOUR B330シリーズ』をさらに進化させ、「飛び」と「スピン」の高次元バランスを追求している。

『TOUR B X』は、コアの大径化と中間層の改良により、反発性能を高め、さらなる初速アップを追求。風に強い弾道で飛距離性能アップを実現。『TOUR B XS』は、スピン性能とソフトフィールを追求。さらに新ディンプルを採用することで、弾道の均一性が向上。

厳しいツアーのセッティング、タフなコンディションでも攻めていくことのできる、高いトータルパフォーマンスでアスリートゴルファーの進化をサポートする。

【商品特長】

飛びとスピンの高次元バランスを追求
高スピン外層カバーと低スピン内部構造の組み合わせにより、飛んで止まるを徹底追求しています。また、当社独自の「スーパーハイドロコア」、「スリップレスバイト・コーティング」により、タフなコンディションでも攻めていくことのできる、高いトータルパフォーマンスを実現。

【2モデルの比較】

【カラー、ロゴバリエーション】


(BRIDGESTONE GOLFロゴ)

【主な使用予定選手】

TOUR B X:
ブラント・スネデカー、ブライソン・デシャンボー、宮里優作、宮本勝昌、片岡大育、池田勇太、近藤共弘、宮里藍、アンソンジュ、川岸史果、堀琴音、西山ゆかり、渡邉彩香、アンシネ

TOUR B XS:
タイガー・ウッズ、マット・クーチャー、フレッド・カプルス、堀川未来夢、長谷川祥平

宮本勝昌のコメント


セガサミーから投入した”TOUR B X”は、初速がアップし、ドライバーの飛距離も6~7ヤード伸びました。飛距離アップしつつも、コントロール性能も高いので、最終日の難しいピンポジションも自信を持って攻めることができ、バーディー量産につながったと思います。特に、最終ホールのセカンドショットは最高の1打でした。

【商品概要】


※同一モデルの中で、カバー色・文字色・ロゴデザインの異なるボールは、性能・構造は同じですが、R&A公認球リストには異なる種類として登録されています。  「ワンボール条件」が適用される競技では、カバー色・文字色・ロゴデザインが同じボールをご使用ください。

【問い合わせ先】
ブリヂストンスポーツ株式会社
お客様コールセンター
フリーダイヤル:0120-116613
ウェブサイト:http://www.bs-golf.com/

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  2. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  3. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  4. ブリヂストンスポーツから飛距離性能を徹底的に追求した爆飛びアイアン『TOUR B JGR HF1』と…
  5. 空力と力学を追求し、シャフトのねじれとしなりをコントロールしてヘッドスピードを向上させた新発想の「S…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る