カテゴリー:ギア情報

    RZNブラック

    ナイキ 硬めの打感で風に強い。 「ドライバーショットも硬めの打感で風にも強そうですね。落ちてからのランも期待できます。球離れはそこそこ速いですが、コントロールもできます。すごくスピンがかかるという感触はないの…

    本間 TW-G1

    本間ゴルフ 寄せは低く出て、スピンがかかる。 「ドライバーショットもボーンと飛び出すのではなく、球を運ぶイメージが出しやすいと感じました。ウェッジでも低く出て、スピンをかけやすいので、アプローチが得意な人にい…

    KBSツアー120

    FSTジャパン 重さはあるがしなる。 KBSはプレシジョンライフル、プロジェクトXを開発したキム・ブレイリーが手掛ける。このモデルが重量モデルに充当。DGとは動きが異なります。重さを感じますがしなります。ただ…

    NSプロMODUS3ツアー120

    日本シャフト 戻りが早くつかまるイメージ。 モーダスは不思議と重量を感じさせないシャフト。持つと軽く感じ、インパクト音も軽い感じがします。振ってみるとしなり戻りが速くつかまる感じが強い、重量クラスの中ではやさ…

    ダイナミックゴールド

    トゥルーテンパー パワーヒッターでも安心。 重量タイプの中でも、全体的にしなりが少なく、安定感が高いですね。メリットとしては、シャフトの余計な動きを嫌うパワーヒッターでも安心して振れるということ。ある程度、ヘ…

    MCI 100

    藤倉ゴム工業 相当なパワーヒッター向け。 シャフトの重量感を感じられます。ワッグルでも相当骨太な感じわかるハズ。カーボンで100グラム越えは、余程のパワーヒッターでないとちょっと難しいかも。ヘッドスピード45…

ゴルフトゥデイ新刊

  1. 2017-2-3

    GOLFTODAY 2017年3月号

    昨年終盤から絶好調、今年こそメジャー制覇の期待が現実味を帯びた年はないのではないでしょうか。そんな松…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2017年2月23日、東京・六本木のリッツ・カールトンホテルで、ヤマハ株式会社が2017年からの契約…
  2. 先進の「boost」テクノロジーを搭載して、シリーズ6代目「パワーバンド ボア ブースト」誕生。 …
  3. 大ミス別アプローチQ&A シリーズ第4弾 今年こそ惨めなアプローチのミスは卒業したい!そん…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る