女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する? レア見せレッスン PART1

  • 2013/11/5

498号のパート4企画「女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する?」のプラスαレッスンを、チョイ出します。

股関節が入ったアドレスに。

本誌でグリップを短く持つとミート率が上がると紹介しましたが、もう一つ大切なのがアドレスです。アマチュアはココが疎かになっているから、曲がる確率が高いです。ややツマ先体重でお尻をキュッと上げると、股関節が入った構えになるので、上体が突っ込むことなく正確にミートできます。

──────────────────────────────

カカト体重だと上体が
突っ込んでしまう。

下半身をドッシリさせようとカカト体重になってしまい、腰が落ちているアマチュアをよく見かけます。これでは逆にダウンで伸び上がったり、インパクトで上体が突っ込んだりして逆効果に。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る