女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する? レア見せレッスン PART1

  • 2013/11/5

498号のパート4企画「女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する?」のプラスαレッスンを、チョイ出します。

股関節が入ったアドレスに。

本誌でグリップを短く持つとミート率が上がると紹介しましたが、もう一つ大切なのがアドレスです。アマチュアはココが疎かになっているから、曲がる確率が高いです。ややツマ先体重でお尻をキュッと上げると、股関節が入った構えになるので、上体が突っ込むことなく正確にミートできます。

──────────────────────────────

カカト体重だと上体が
突っ込んでしまう。

下半身をドッシリさせようとカカト体重になってしまい、腰が落ちているアマチュアをよく見かけます。これでは逆にダウンで伸び上がったり、インパクトで上体が突っ込んだりして逆効果に。

 

 

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る