女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する? レア見せレッスン PART1

  • 2013/11/5

498号のパート4企画「女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する?」のプラスαレッスンを、チョイ出します。

股関節が入ったアドレスに。

本誌でグリップを短く持つとミート率が上がると紹介しましたが、もう一つ大切なのがアドレスです。アマチュアはココが疎かになっているから、曲がる確率が高いです。ややツマ先体重でお尻をキュッと上げると、股関節が入った構えになるので、上体が突っ込むことなく正確にミートできます。

──────────────────────────────

カカト体重だと上体が
突っ込んでしまう。

下半身をドッシリさせようとカカト体重になってしまい、腰が落ちているアマチュアをよく見かけます。これでは逆にダウンで伸び上がったり、インパクトで上体が突っ込んだりして逆効果に。

 

 

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 私たちは宣言します。 “もっと面白くします!” そう宣言した今号は 「なぜオヤジは女子プロより…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 高いミート率を武器に飛ばす女子プロ。では、なぜミート率をアップできるのか? ということで、今回は女…
  2. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。過去からMizunoProの称号を…
  3. 『RMX アイアン』は、 トゥとヒールのラウンドを強くした新設計の「アクティブソール」による抜群の抜…
  4. 精度と許容性をあわせもつ、精悍なキャビティブレード。 シンプルで美しく、コンパクトなヘッドサイズを…
  5. ~地域産業の振興のため、ふるさと納税を中心にゴルフギアをお届け~ ゴルフクラブ発祥の地、兵庫県市川…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る