女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する? レア見せレッスン PART1

  • 2013/11/5

498号のパート4企画「女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する?」のプラスαレッスンを、チョイ出します。

股関節が入ったアドレスに。

本誌でグリップを短く持つとミート率が上がると紹介しましたが、もう一つ大切なのがアドレスです。アマチュアはココが疎かになっているから、曲がる確率が高いです。ややツマ先体重でお尻をキュッと上げると、股関節が入った構えになるので、上体が突っ込むことなく正確にミートできます。

──────────────────────────────

カカト体重だと上体が
突っ込んでしまう。

下半身をドッシリさせようとカカト体重になってしまい、腰が落ちているアマチュアをよく見かけます。これでは逆にダウンで伸び上がったり、インパクトで上体が突っ込んだりして逆効果に。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年終盤から絶好調、今年こそメジャー制覇の期待が現実味を帯びた年はないのではないでしょうか。そんな松…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2017年2月23日、東京・六本木のリッツ・カールトンホテルで、ヤマハ株式会社が2017年からの契約…
  2. 先進の「boost」テクノロジーを搭載して、シリーズ6代目「パワーバンド ボア ブースト」誕生。 …
  3. 大ミス別アプローチQ&A シリーズ第4弾 今年こそ惨めなアプローチのミスは卒業したい!そん…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る