女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する? レア見せレッスン PART2

  • 2013/11/13

496-Part5-Fujita

498号のパート4企画「女子プロに突撃取材 芯喰うにはど〜する?」のプラスαレッスンを、チョイ出します。

アイアンのライン出しの意識。

方向性を上げたい時は私は気持ちコンパクトなイメージでスイングします。その際に気をつけるのが、ヘッドを低く長く出すこと。アイアンショットのライン出しのようにヘッドを低く出せば、インパクトゾーンが長くなるので、芯に当たる確率が高まります。その際にトップはコンパクトにすることをお忘れなく。

──────────────────────────────

振りすぎるとミート率が下がる。

いざという時に振りすぎてしまうとミート率は下がってしまいます。バランスを崩すくらい振っているアマチュアの方がいますが、8割くらいのイメージでコンパクトに振るとココゾで真っすぐ飛ばせますよ。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「Steelhead XR アイアン」は、かつての名シリーズ、「Steelhead」と、現代の高性能…
  2. アコーディ・ゴルフは、ゴルフを気軽にプレーできるスポーツとしてとらえ、“It’s a new gam…
  3. ツアーバンでプロクラフトマンとしてツアープロのクラブを製作していた赤穂勇介が手掛けるAデザインから、…
  4. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  5. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る