ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART1

  • 2013/11/12

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

手が右足の前に来るまでヘッドを上げない。

手でクラブを上げてしまうからトップで力がたまらないし、クラブが左親指の上に乗らないのです。手でクラブを上げないコツはアドレスで作った手と胸の距離を変えないで、グリップが右足の前にくるまでクラブを低く引く。こうすることで手と胸の距離も変わらないで体主導でクラブを上げることができるようになります。

──────────────────────────────

手首を使って上げない。

クラブを上げるときに手首を使って上げてしまうと、体の回転ができなくなってしまう。始動ではコックをイメージせずに体主導でクラブを上げよう。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「Steelhead XR アイアン」は、かつての名シリーズ、「Steelhead」と、現代の高性能…
  2. アコーディ・ゴルフは、ゴルフを気軽にプレーできるスポーツとしてとらえ、“It’s a new gam…
  3. ツアーバンでプロクラフトマンとしてツアープロのクラブを製作していた赤穂勇介が手掛けるAデザインから、…
  4. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  5. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る