ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART1

  • 2013/11/12

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

手が右足の前に来るまでヘッドを上げない。

手でクラブを上げてしまうからトップで力がたまらないし、クラブが左親指の上に乗らないのです。手でクラブを上げないコツはアドレスで作った手と胸の距離を変えないで、グリップが右足の前にくるまでクラブを低く引く。こうすることで手と胸の距離も変わらないで体主導でクラブを上げることができるようになります。

──────────────────────────────

手首を使って上げない。

クラブを上げるときに手首を使って上げてしまうと、体の回転ができなくなってしまう。始動ではコックをイメージせずに体主導でクラブを上げよう。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る