ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART1

  • 2013/11/12

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

手が右足の前に来るまでヘッドを上げない。

手でクラブを上げてしまうからトップで力がたまらないし、クラブが左親指の上に乗らないのです。手でクラブを上げないコツはアドレスで作った手と胸の距離を変えないで、グリップが右足の前にくるまでクラブを低く引く。こうすることで手と胸の距離も変わらないで体主導でクラブを上げることができるようになります。

──────────────────────────────

手首を使って上げない。

クラブを上げるときに手首を使って上げてしまうと、体の回転ができなくなってしまう。始動ではコックをイメージせずに体主導でクラブを上げよう。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月はスコアアップの最大の障害である「ダフリをなくす」ための企画が満載です。 大人気のレッスンプロ…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 最近のゴルフは、ほとんどがカートでラウンドするので、以前に比べるとかなり進行も早くて、疲れないように…
  2. 2016年の米国ゴルフダイジェストのホットリストのボール部門1位を獲得して、世界中でメジャーブランド…
  3. 「ダフリ」と一口に言っても、原因はさまざま!! 下半身がブレたり、すくい打ったり、上体が突っ込んだり…
  4. スリクソンから、ソフトな打感で飛距離とスピンコントロール性能に定評のある「スリクソン AD333」に…
  5. 芝が青々とする6、7月はラフも長くなり、アイアンが苦手な人には厳しい季節だ。アイアンではダフリ、トッ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る