ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART1

  • 2013/11/12

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

手が右足の前に来るまでヘッドを上げない。

手でクラブを上げてしまうからトップで力がたまらないし、クラブが左親指の上に乗らないのです。手でクラブを上げないコツはアドレスで作った手と胸の距離を変えないで、グリップが右足の前にくるまでクラブを低く引く。こうすることで手と胸の距離も変わらないで体主導でクラブを上げることができるようになります。

──────────────────────────────

手首を使って上げない。

クラブを上げるときに手首を使って上げてしまうと、体の回転ができなくなってしまう。始動ではコックをイメージせずに体主導でクラブを上げよう。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。Mizuno Proシリーズの中で最も…
  2. 男子ツアーではチャン・キムがセガサミーカップで圧倒的なドライブディスタンスを叩き出し優勝。女子ツアー…
  3. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  4. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  5. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る