ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART2

  • 2013/11/19

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

左足への体重移動からダウンを始める。

ダウンスイングは下半身主導で動かすことで、振り遅れを防ぐことができます。上体から動くと体全体が回ってしまい、手だけが取り残され振り遅れてしまうのです。そこで、トップからは左足だけをアドレスの位置に戻すように踏む込みましょう。ここで大切なのは、トップの胸の向きのまま左足を動かすこと。こうすることで手は体の前から外れないので振り遅れはなくなります。

──────────────────────────────

上体から動かさない。

ボールがあると当てようとしてしまい上体からダウンスイングしがち。そうすると体全体が左に回ってしまい、振り遅れてしまうのです。

 

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る