ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART2

  • 2013/11/19

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

左足への体重移動からダウンを始める。

ダウンスイングは下半身主導で動かすことで、振り遅れを防ぐことができます。上体から動くと体全体が回ってしまい、手だけが取り残され振り遅れてしまうのです。そこで、トップからは左足だけをアドレスの位置に戻すように踏む込みましょう。ここで大切なのは、トップの胸の向きのまま左足を動かすこと。こうすることで手は体の前から外れないので振り遅れはなくなります。

──────────────────────────────

上体から動かさない。

ボールがあると当てようとしてしまい上体からダウンスイングしがち。そうすると体全体が左に回ってしまい、振り遅れてしまうのです。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「Steelhead XR アイアン」は、かつての名シリーズ、「Steelhead」と、現代の高性能…
  2. アコーディ・ゴルフは、ゴルフを気軽にプレーできるスポーツとしてとらえ、“It’s a new gam…
  3. ツアーバンでプロクラフトマンとしてツアープロのクラブを製作していた赤穂勇介が手掛けるAデザインから、…
  4. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  5. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る