ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART2

  • 2013/11/19

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

左足への体重移動からダウンを始める。

ダウンスイングは下半身主導で動かすことで、振り遅れを防ぐことができます。上体から動くと体全体が回ってしまい、手だけが取り残され振り遅れてしまうのです。そこで、トップからは左足だけをアドレスの位置に戻すように踏む込みましょう。ここで大切なのは、トップの胸の向きのまま左足を動かすこと。こうすることで手は体の前から外れないので振り遅れはなくなります。

──────────────────────────────

上体から動かさない。

ボールがあると当てようとしてしまい上体からダウンスイングしがち。そうすると体全体が左に回ってしまい、振り遅れてしまうのです。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月は、ゴルフシーズン突入ということで、自分の目標にしているスコアをクリアしたい方に贈る企画です。 …

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. アマチュアと同じくらいのヘッドスピードなのに250ヤード飛ばせる秘訣とは!? ヘッドスピード42m…
  2. 全国のBSファンに朗報だ。ブリヂストンスポーツから、昨年10 月に発売した「TOUR B X-CB」…
  3. アマチュアと同じくらいのヘッドスピードなのに250ヤード飛ばせる秘訣とは!? ヘッドスピード42m…
  4. 知る人ぞ知る、プレミアムクラブメーカーのイーデルから、全ての番手が同じレングス(長さ)のアイアンが発…
  5. 今年の秋は、一生の思い出作りにニューヨークへ行こう! 2年に1度開催される、米国VS世界選抜のゴル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る