ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART2

  • 2013/11/19

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

左足への体重移動からダウンを始める。

ダウンスイングは下半身主導で動かすことで、振り遅れを防ぐことができます。上体から動くと体全体が回ってしまい、手だけが取り残され振り遅れてしまうのです。そこで、トップからは左足だけをアドレスの位置に戻すように踏む込みましょう。ここで大切なのは、トップの胸の向きのまま左足を動かすこと。こうすることで手は体の前から外れないので振り遅れはなくなります。

──────────────────────────────

上体から動かさない。

ボールがあると当てようとしてしまい上体からダウンスイングしがち。そうすると体全体が左に回ってしまい、振り遅れてしまうのです。

 

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る