ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART3

  • 2013/11/26

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

ダウン以降に右ヒザを左ヒザに近づける。

前回少し紹介したのですが、下半身主導でスイングしていくことで、スイングが安定するようになります。テークバックでは右足の内側で体重を支え、その体重をダウンのきっかけで左に移します。それ以降より左にパワーを乗せるために、左足内側で体重を支えそこに右ヒザを付けるように動かしましょう。こうすることで左への回転がスムースになり、より早くスイングできるようになります。

──────────────────────────────

その場で回ると左への体重が移らない。

スイング軸を意識するあまり、その場で回転しようとしすぎているアマチュアがいます。これは体重移動ができないので、パワーが生まれないうえ下半身のパワーが使えずに、スイング軸も逆に安定しないのです。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る