ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART3

  • 2013/11/26

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

ダウン以降に右ヒザを左ヒザに近づける。

前回少し紹介したのですが、下半身主導でスイングしていくことで、スイングが安定するようになります。テークバックでは右足の内側で体重を支え、その体重をダウンのきっかけで左に移します。それ以降より左にパワーを乗せるために、左足内側で体重を支えそこに右ヒザを付けるように動かしましょう。こうすることで左への回転がスムースになり、より早くスイングできるようになります。

──────────────────────────────

その場で回ると左への体重が移らない。

スイング軸を意識するあまり、その場で回転しようとしすぎているアマチュアがいます。これは体重移動ができないので、パワーが生まれないうえ下半身のパワーが使えずに、スイング軸も逆に安定しないのです。

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. アマチュアと同じくらいのヘッドスピードなのに250ヤード飛ばせる秘訣とは!? ヘッドスピード42m…
  2. 全国のタイトリスト・ボーケイマニアにはたまらないファッションアイテムが発売される。 世界でも日本で…
  3. ナイキの公式サイトにとてもユニークで楽しい動画がアップされているのをご覧いただいただろうか?ドラマ仕…
  4. 日に日に陽射しも暖かさを増し、街中の緑が鮮やかになってきた今日この頃。ゴールデンウィークも目前とあっ…
  5. 国内プロトーナメント使用率No,1と製品性能には折り紙つきのグラファイトデザインのTOUR ADシリ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る