ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART4

  • 2013/12/3

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

両ヒザから目標に向くようにすれば
スムースに動きやすい。

フィニッシュできれいにバランスよく立つためには、体全体(胸、腰、ヒザ)が目標を向いているようにすることが大切。トップ、ダウン、フォローとスムースにヒザを動かしてきた流れで、まず両ヒザをフィニッシュで目標に向けることが大切。下半身から徐々に目標に向けるようにすることで、ヘッドスピードが上がり、より大きいフィニッシュが作れるようになるのです。

──────────────────────────────

ヒザが目標に向かないとバランスが崩れる。

フィニッシュで目標に両ヒザが向かないと体の左サイドが伸びることになります。こうすると右肩も下がってクラブが寝てしまい正しいインパクトが作れないのです。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 私たちは宣言します。 “もっと面白くします!” そう宣言した今号は 「なぜオヤジは女子プロより…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 高いミート率を武器に飛ばす女子プロ。では、なぜミート率をアップできるのか? ということで、今回は女…
  2. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。過去からMizunoProの称号を…
  3. 『RMX アイアン』は、 トゥとヒールのラウンドを強くした新設計の「アクティブソール」による抜群の抜…
  4. 精度と許容性をあわせもつ、精悍なキャビティブレード。 シンプルで美しく、コンパクトなヘッドサイズを…
  5. ~地域産業の振興のため、ふるさと納税を中心にゴルフギアをお届け~ ゴルフクラブ発祥の地、兵庫県市川…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る