ドライバーの“芯打ち”はゆっくり振るがキーワード  PART4

  • 2013/12/3

496-Part5-Fujita

「藤田寛之の飛ばしの基本」を佐藤芳行が解説!

両ヒザから目標に向くようにすれば
スムースに動きやすい。

フィニッシュできれいにバランスよく立つためには、体全体(胸、腰、ヒザ)が目標を向いているようにすることが大切。トップ、ダウン、フォローとスムースにヒザを動かしてきた流れで、まず両ヒザをフィニッシュで目標に向けることが大切。下半身から徐々に目標に向けるようにすることで、ヘッドスピードが上がり、より大きいフィニッシュが作れるようになるのです。

──────────────────────────────

ヒザが目標に向かないとバランスが崩れる。

フィニッシュで目標に両ヒザが向かないと体の左サイドが伸びることになります。こうすると右肩も下がってクラブが寝てしまい正しいインパクトが作れないのです。

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る