2014年版スライス撲滅の新セオリー  PART1

  • 2014/1/9

496-Part5-Fujita

「2014年版 スライス撲滅の新セオリー」に出ている細川和彦がもうひとつボールをつかまえるためのヒントをくれたよ!

ボールをつかまえるためにフェースがインパクトで閉じる構えを作る。

ボールを左足カカト線上に置くのがセオリーと言われていますが、ここにスライスになる落とし穴があるのです。左にあるボールを打ちに行ってしまうと体が開きやすいのです。それを解消するために、ボールから20センチ離してヘッドをセットする。そしてインパクトで、その離した位置にインパクトでも戻ってくるように振り下ろせば、左足カカト線上にセットしたボールに当たるときには、フェースは閉じているのでスライスにはなりません。

──────────────────────────────

細川和彦のドライバーレッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 2月号は650円で発売中!

2014年版スライス撲滅の新セオリー
パート2は1月16日(木)更新予定!

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る