2014年版スライス撲滅の新セオリー  PART1

  • 2014/1/9

496-Part5-Fujita

「2014年版 スライス撲滅の新セオリー」に出ている細川和彦がもうひとつボールをつかまえるためのヒントをくれたよ!

ボールをつかまえるためにフェースがインパクトで閉じる構えを作る。

ボールを左足カカト線上に置くのがセオリーと言われていますが、ここにスライスになる落とし穴があるのです。左にあるボールを打ちに行ってしまうと体が開きやすいのです。それを解消するために、ボールから20センチ離してヘッドをセットする。そしてインパクトで、その離した位置にインパクトでも戻ってくるように振り下ろせば、左足カカト線上にセットしたボールに当たるときには、フェースは閉じているのでスライスにはなりません。

──────────────────────────────

細川和彦のドライバーレッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 2月号は650円で発売中!

2014年版スライス撲滅の新セオリー
パート2は1月16日(木)更新予定!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る