テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン パート1

  • 2014/1/13

496-Part5-Fujita

500号企画「テッパン 冬専用 アプローチ術」の+αレッスンをチョイ出しします。

7Iでボールをコロがすアプローチをする際には、ポイントがあります。低くフォローを出すことです。パターのように打つと言ってもいいかもしれませんが、その際には手元の高さをアドレスから変えないように振ると、低いフォローが出せるので、距離感が合いやすくなります。

──────────────────────────────

手元が上がるとトップに。

手元が上がってしまうとトップしたり、ダフったりする原因に。ロフト通りに打つためには両腕の三角形は保つことが大切です。

ボールは両足の真ん中に。

コロがそうとして右足前にボールを置きすぎると、打ち込みすぎる傾向に。両足は真ん中にボールを置いた方がダフらずに打てます。

──────────────────────────────

辻 梨恵のアプローチレッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 2月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート2は1月20日(月)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  2. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  3. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  4. ブリヂストンスポーツから飛距離性能を徹底的に追求した爆飛びアイアン『TOUR B JGR HF1』と…
  5. 空力と力学を追求し、シャフトのねじれとしなりをコントロールしてヘッドスピードを向上させた新発想の「S…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る