テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン パート1

  • 2014/1/13

496-Part5-Fujita

500号企画「テッパン 冬専用 アプローチ術」の+αレッスンをチョイ出しします。

7Iでボールをコロがすアプローチをする際には、ポイントがあります。低くフォローを出すことです。パターのように打つと言ってもいいかもしれませんが、その際には手元の高さをアドレスから変えないように振ると、低いフォローが出せるので、距離感が合いやすくなります。

──────────────────────────────

手元が上がるとトップに。

手元が上がってしまうとトップしたり、ダフったりする原因に。ロフト通りに打つためには両腕の三角形は保つことが大切です。

ボールは両足の真ん中に。

コロがそうとして右足前にボールを置きすぎると、打ち込みすぎる傾向に。両足は真ん中にボールを置いた方がダフらずに打てます。

──────────────────────────────

辻 梨恵のアプローチレッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 2月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート2は1月20日(月)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月はスコアアップの最大の障害である「ダフリをなくす」ための企画が満載です。 大人気のレッスンプロ…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. キャロウェイから「SteelheadXRフェアウェイウッド」が2017年7月21日より発売開始する。…
  2. プロの繊細な感性とこだわりに、妥協を許さず応え続けてきたゾディアから、鍛えられた研磨技術を注ぎ込んだ…
  3. 最近のゴルフは、ほとんどがカートでラウンドするので、以前に比べるとかなり進行も早くて、疲れないように…
  4. 2016年の米国ゴルフダイジェストのホットリストのボール部門1位を獲得して、世界中でメジャーブランド…
  5. 「ダフリ」と一口に言っても、原因はさまざま!! 下半身がブレたり、すくい打ったり、上体が突っ込んだり…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る