テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン パート3

  • 2014/1/27

496-Part5-Fujita

500号企画「テッパン 冬専用 アプローチ術」の+αレッスンをチョイ出しします。

アプローチで大切なのは、球位置です。薄芝でも春芝でも、コロがす際に抑えて欲しい鉄則が球位置です。コロがしは右足前が基本。コレが絶対大切。上げる時もコロがす時も手元は左モモ前にくるので、右足前に球を置けば自然とハンドファーストとなります。そのまま上げようとせずにアプローチを打てば、正確に球をとらえられます。

──────────────────────────────

上げる時は球はやや左足寄りに。

球を上げる際は球位置は両足真ん中よりやや左足寄り。スイングはそのままで球位置だけ変えれば、コロがしよりもロフトが立たないために、球が上がります。決してスイングを変えず低いフォローを心がけてください。

──────────────────────────────

一ノ瀬優希のアプローチレッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 2月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート4は2月3日(月)更新予定!

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る