「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて! 原口プロ」 レア見せレッスン パート1

  • 2014/2/7

501号企画「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて!  原口プロ」の+αレッスンをチョイ出しします。

僕はルーティンでハーフスイングを2回素振りすることが基本。ルーティンでそれができていないとミスすることが多いです。だから、ミスした後はまずこのハーフスイングができていたかを確認します。フルスイングの素振りをしたら×。皆さんも、まずは無意識に行なっている自分のルーティンのクセを知っておくこと。他人にラウンド中見てもらい教えてもらうといいでしょう。

──────────────────────────────

原口はフルスイング素振りは×

僕はフルスイングの素振りをすると、「おかしい。いつもと違う」などと考えてしまい、余計重圧になることがあります。ルーティンとは無意識に行なうもので、重圧を取り払う役割もあります。だからミスした後は無意識のルーティンをきちんと行なっていたかを確認する必要があるのです。

──────────────────────────────

原口鉄也のダウンブローで打てる“チョイ工夫”が載っている
ゴルフトゥデイ 3月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート2は2月14日(金)更新予定!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る