「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて! 原口プロ」 レア見せレッスン パート2

  • 2014/2/14

501号企画「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて!  原口プロ」の+αレッスンをチョイ出しします。

素振りをする際に気をつけてほしいのは、マジ素振りをすること。つまり弾道をはっきりイメージして素振りをするのです。ぼんやりとこんな感じで……ではなく、フェードかドローか、弾道の高低などはっきり想像することで、スイングの再現性はグッと高まります。プロみたいに打てないと思う人は、スライサーならばスライスをイメージすることでいつも同じ球が打てるようになるのです。

──────────────────────────────

ミスした後は深呼吸でリラックス。

ミスした後はいきなり打つと余計ミスする可能性大。深呼吸を行なって落ち着いてからルーティンを行なうなり、番手を変えるなりすれば、体のリキミが取れてスムースにスイングできますよ。

──────────────────────────────

原口鉄也のダウンブローで打てる“チョイ工夫”が載っている
ゴルフトゥデイ 3月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート3は2月21日(金)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「Steelhead XR アイアン」は、かつての名シリーズ、「Steelhead」と、現代の高性能…
  2. アコーディ・ゴルフは、ゴルフを気軽にプレーできるスポーツとしてとらえ、“It’s a new gam…
  3. ツアーバンでプロクラフトマンとしてツアープロのクラブを製作していた赤穂勇介が手掛けるAデザインから、…
  4. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  5. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る