「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて! 原口プロ」 レア見せレッスン パート2

  • 2014/2/14

501号企画「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて!  原口プロ」の+αレッスンをチョイ出しします。

素振りをする際に気をつけてほしいのは、マジ素振りをすること。つまり弾道をはっきりイメージして素振りをするのです。ぼんやりとこんな感じで……ではなく、フェードかドローか、弾道の高低などはっきり想像することで、スイングの再現性はグッと高まります。プロみたいに打てないと思う人は、スライサーならばスライスをイメージすることでいつも同じ球が打てるようになるのです。

──────────────────────────────

ミスした後は深呼吸でリラックス。

ミスした後はいきなり打つと余計ミスする可能性大。深呼吸を行なって落ち着いてからルーティンを行なうなり、番手を変えるなりすれば、体のリキミが取れてスムースにスイングできますよ。

──────────────────────────────

原口鉄也のダウンブローで打てる“チョイ工夫”が載っている
ゴルフトゥデイ 3月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート3は2月21日(金)更新予定!

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る