「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて! 原口プロ」 レア見せレッスン パート2

  • 2014/2/14

501号企画「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて!  原口プロ」の+αレッスンをチョイ出しします。

素振りをする際に気をつけてほしいのは、マジ素振りをすること。つまり弾道をはっきりイメージして素振りをするのです。ぼんやりとこんな感じで……ではなく、フェードかドローか、弾道の高低などはっきり想像することで、スイングの再現性はグッと高まります。プロみたいに打てないと思う人は、スライサーならばスライスをイメージすることでいつも同じ球が打てるようになるのです。

──────────────────────────────

ミスした後は深呼吸でリラックス。

ミスした後はいきなり打つと余計ミスする可能性大。深呼吸を行なって落ち着いてからルーティンを行なうなり、番手を変えるなりすれば、体のリキミが取れてスムースにスイングできますよ。

──────────────────────────────

原口鉄也のダウンブローで打てる“チョイ工夫”が載っている
ゴルフトゥデイ 3月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート3は2月21日(金)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月はスコアアップの最大の障害である「ダフリをなくす」ための企画が満載です。 大人気のレッスンプロ…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 最近のゴルフは、ほとんどがカートでラウンドするので、以前に比べるとかなり進行も早くて、疲れないように…
  2. 2016年の米国ゴルフダイジェストのホットリストのボール部門1位を獲得して、世界中でメジャーブランド…
  3. 「ダフリ」と一口に言っても、原因はさまざま!! 下半身がブレたり、すくい打ったり、上体が突っ込んだり…
  4. スリクソンから、ソフトな打感で飛距離とスピンコントロール性能に定評のある「スリクソン AD333」に…
  5. 芝が青々とする6、7月はラフも長くなり、アイアンが苦手な人には厳しい季節だ。アイアンではダフリ、トッ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る