「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて! 原口プロ」 レア見せレッスン パート3

  • 2014/2/21

501号企画「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて!  原口プロ」の+αレッスンをチョイ出しします。

アマチュアの中にはアドレスに入ってボールを見すぎて固まっちゃう人がいます。そうするとスムースな始動ができずに、手打ちになってしまいます。そこでオススメなのがアドレスで手元をクイッと目標方向に出してテークバックする方法。ミケルソンなどもやってますが、そうすると意外とスムースにテークバックできますよ。

──────────────────────────────

“足パタパタ”も有効な方法

始動をスムースにする方法がもう一つ。スタンスをとってから足をパタパタさせること。両足を交互に踏み込んで徐々にアドレスを取ることで、リラックスしたままテークバックすることができます。一度試してみるといいですよ。

──────────────────────────────

原口鉄也のダウンブローで打てる“チョイ工夫”が載っている
ゴルフトゥデイ 3月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート4は2月28日(金)更新予定!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る