「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて! 原口プロ」 レア見せレッスン パート3

  • 2014/2/21

501号企画「コースでダウンブローで打てる“チョイ工夫”を教えて!  原口プロ」の+αレッスンをチョイ出しします。

アマチュアの中にはアドレスに入ってボールを見すぎて固まっちゃう人がいます。そうするとスムースな始動ができずに、手打ちになってしまいます。そこでオススメなのがアドレスで手元をクイッと目標方向に出してテークバックする方法。ミケルソンなどもやってますが、そうすると意外とスムースにテークバックできますよ。

──────────────────────────────

“足パタパタ”も有効な方法

始動をスムースにする方法がもう一つ。スタンスをとってから足をパタパタさせること。両足を交互に踏み込んで徐々にアドレスを取ることで、リラックスしたままテークバックすることができます。一度試してみるといいですよ。

──────────────────────────────

原口鉄也のダウンブローで打てる“チョイ工夫”が載っている
ゴルフトゥデイ 3月号は650円で発売中!

テッパン冬専用アプローチ術レア見せレッスン
パート4は2月28日(金)更新予定!

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る