森 守洋レッスン 芯喰うなら“腕振り”でしょ!! レア見せレッスン パート4

  • 2014/3/26

502号企画「芯喰うなら“腕振り”でしょ!!」の+αレッスンをチョイ出しします。

両手に雑誌を挟んでダウンスイングを行なってみましょう。ダウンから右手のヒラを上に向けた状態からそのまま真下に下ろすように胸の前にスイング。コレが正しいインサイドからクラブを下ろすダウンスイングの動きになります。右胸にクラブがある状態で、右手のヒラが下を向く動きは間違っているので、注意しましょう。

──────────────────────────────

左手甲を背面へ向ける。

次はインパクト〜フォローの動きを体感。左手甲を目標に向けた状態から左手首の角度を保ちながらヒジから先を左へ回していって雑誌の左面が背面を向くように回す。雑誌の左面が上を向くとフェースが開いた状態になるので、フォローで向きを確認しましょう。

──────────────────────────────

本誌では森守洋がレッスンを行なう
森守洋 賢者のインパクト」を
好評連載中。

──────────────────────────────

森 守洋の“腕振り”レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 4月号は650円で発売中!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月はスコアアップの最大の障害である「ダフリをなくす」ための企画が満載です。 大人気のレッスンプロ…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 最近のゴルフは、ほとんどがカートでラウンドするので、以前に比べるとかなり進行も早くて、疲れないように…
  2. 2016年の米国ゴルフダイジェストのホットリストのボール部門1位を獲得して、世界中でメジャーブランド…
  3. 「ダフリ」と一口に言っても、原因はさまざま!! 下半身がブレたり、すくい打ったり、上体が突っ込んだり…
  4. スリクソンから、ソフトな打感で飛距離とスピンコントロール性能に定評のある「スリクソン AD333」に…
  5. 芝が青々とする6、7月はラフも長くなり、アイアンが苦手な人には厳しい季節だ。アイアンではダフリ、トッ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る