「練習場でイイと思っている人多いけど…実は」+αレッスン パート2

  • 2014/4/17

503号企画「練習場でイイと思っている人多いけど…実は」の+αレッスンをチョイ出しします。

プロや上級者と、アベレージゴルファーのアイアンショットで最も違うのは、頭の位置です。上級者は、インパクトのときにボールより後ろに頭が残っているのでロフトが立ってインパクトできるのですが、アマチュアは頭が左に来て、さらに体が倒れてしまうので、ダフったり、ロフトが寝て飛ばないショットになりやすいのです。

──────────────────────────────

ボール後方を見てる!

ロフトが立ったインパクトにするために、最もカンタンな方法が目線を意識することです。おそらく、ロフトが寝てしまうアマチュアは、インパクトでボールの先に目線が来ていると思います。でも、プロや上級者はボールの後ろに目線があるのです。この目線ができれば、自然と頭が右に残った体勢になっているはずです。

──────────────────────────────

練習場での誤解を解消する
ゴルフトゥデイ 5月号は650円で発売中!

「練習場でイイと思っている人多いけど…実は」+αレッスン
パート2は4月24日(木)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る