「練習場でイイと思っている人多いけど…実は」+αレッスン パート4

  • 2014/5/1

503号企画「練習場でイイと思っている人多いけど…実は」の+αレッスンをチョイ出しします。

よく練習場では自分の「指定席」みたいな感じで、いつも同じ場所で練習している人もいるが、それは実戦のコースとはほど遠い練習。練習場でも、右端だったり、左端だったり、色んな角度を打つ練習が効果的です。

──────────────────────────────

練習打席だと、マット通りに構えてしまうと、あまり練習にならないので、なるべく練習打席の仕切り線を無視して、右に、左に打球を打っていく方が練習としては効率的です。

──────────────────────────────

練習場での誤解を解消する
ゴルフトゥデイ 5月号は650円で発売中!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る