「練習場でイイと思っている人多いけど…実は」+αレッスン パート4

  • 2014/5/1

503号企画「練習場でイイと思っている人多いけど…実は」の+αレッスンをチョイ出しします。

よく練習場では自分の「指定席」みたいな感じで、いつも同じ場所で練習している人もいるが、それは実戦のコースとはほど遠い練習。練習場でも、右端だったり、左端だったり、色んな角度を打つ練習が効果的です。

──────────────────────────────

練習打席だと、マット通りに構えてしまうと、あまり練習にならないので、なるべく練習打席の仕切り線を無視して、右に、左に打球を打っていく方が練習としては効率的です。

──────────────────────────────

練習場での誤解を解消する
ゴルフトゥデイ 5月号は650円で発売中!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 私たちは宣言します。 “もっと面白くします!” そう宣言した今号は 「なぜオヤジは女子プロより…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 芝の上からの飛距離性能を追求した専用設計を搭載。「BOOST WAVE CROWN」と「POWER …
  2. キャロウェイのX FORGEDアイアンは、2007年に軟鉄鍛造キャビティーアイアンとして初代が発売さ…
  3. 高いミート率を武器に飛ばす女子プロ。では、なぜミート率をアップできるのか? ということで、今回は女…
  4. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。過去からMizunoProの称号を継承…
  5. 『RMX アイアン』は、 トゥとヒールのラウンドを強くした新設計の「アクティブソール」による抜群の抜…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る