「わかっちゃいるけどヘッドアップ! パターもそうだったか!!」+αレッスン パート1

  • 2014/5/7

504号で掲載したヘッドアップ特集のパート5のレッスンに乗らなかった物をネット限定でちょい出しします!

打って終わり、フォローは出さない。

ショットパットはいかにカップに真っすぐ少し強めに打てればいいかが大切。でも不安や緊張からインパクトが弱くなったりストロークがバラバラになったりすることがある。そんな時、僕はインパクトだけを意識する。ボールの芯とフェースの真ん中をぶつけることに集中し、当てて終わり。こうするとカップにも意識がいかず、頭も上げずに真っすぐ打てるようになりますよ。

──────────────────────────────

フォローを出すから
体が起き上がる。

ムリにフォローを出そうとするから顔もカップを向きやすくなり、フェース向きがバラバラになる。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 6月号は650円で発売中!

「わかっちゃいるけどヘッドアップ! パターもそうだったか!!」+αレッスン
パート2は5月14日(水)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る