「わかっちゃいるけどヘッドアップ! パターもそうだったか!!」+αレッスン パート3

  • 2014/5/21

504号で掲載したヘッドアップ特集のパート5のレッスンに乗らなかった物をネット限定でちょい出しします!

体とボールの距離を近くすることで、余計な動きができなくなる。

ヒッカケやプッシュがどうしても直らないと言う人はもう一度アドレスを見直してみて、特にボールと体の距離。ボールと体の距離はアドレスした時の目の真下がいい。そうすることでボールとヘッドを真上から見ることになり、フェースの向きもわかりやすいし、インパクトにも集中しやすい。だからフェースの向きもブレにくくなる。

──────────────────────────────

体の左右のボール位置は
スタンス幅の中央。

左右のボール位置は両目の中心の真下にしよう。それはちょうど自分のスタンス幅の真ん中にボールを置くと顔の中心の真下になる。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 6月号は650円で発売中!

「わかっちゃいるけどヘッドアップ! パターもそうだったか!!」+αレッスン
パート4は5月28日(水)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る