「わかっちゃいるけどヘッドアップ! パターもそうだったか!!」+αレッスン パート4

  • 2014/5/28

504号で掲載したヘッドアップ特集のパート5のレッスンに乗らなかった物をネット限定でちょい出しします!

まずボールの真後ろからカップを見て素振りをすることが大切。

距離感は練習や経験で合わせられるようになることですが、アマチュアはそうそう練習はできないでしょうから簡単に合わせられる方法をひとつ。打つ前にカップとボールを結んだ線上のボールの真後ろにカップに体の正面を向けて立つ。そしてカップとボールを交互に見ながらその距離をイメージし素振りをする。そのイメージが消えないまま、ボール位置に戻って構えて、一度スパットを確認し、スパットに向かって打ちます。このルーティンを実践で毎回やる事で、自分なりの距離感が作れてくる。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 6月号は650円で発売中!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 明日から使えるレッスンがつまっている今月のテーマは「年代別上達のヒント」。 60〜70代は一生ゴル…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. ミズノが2017年7月21日、東京都内で新製品の発表会を開催。本年、9月15日に発売するNewモデル…
  2. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  3. 今季のメジャー第3戦、146回目を迎えるとなる『全英オープン』がロイヤルバークデールGCを舞台に20…
  4. 2017年7月13日~16日、TPCディアラン(米イリノイ州)で開催された「John Deere C…
  5. 構想から約2年をかけ、本年1月に某合同試打会にてその完成間近のプロトタイプを披露したZodia。 …

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る