「わかっちゃいるけどヘッドアップ! パターもそうだったか!!」+αレッスン パート4

  • 2014/5/28

504号で掲載したヘッドアップ特集のパート5のレッスンに乗らなかった物をネット限定でちょい出しします!

まずボールの真後ろからカップを見て素振りをすることが大切。

距離感は練習や経験で合わせられるようになることですが、アマチュアはそうそう練習はできないでしょうから簡単に合わせられる方法をひとつ。打つ前にカップとボールを結んだ線上のボールの真後ろにカップに体の正面を向けて立つ。そしてカップとボールを交互に見ながらその距離をイメージし素振りをする。そのイメージが消えないまま、ボール位置に戻って構えて、一度スパットを確認し、スパットに向かって打ちます。このルーティンを実践で毎回やる事で、自分なりの距離感が作れてくる。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 6月号は650円で発売中!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 私たちは宣言します。 “もっと面白くします!” そう宣言した今号は 「なぜオヤジは女子プロより…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 高いミート率を武器に飛ばす女子プロ。では、なぜミート率をアップできるのか? ということで、今回は女…
  2. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。過去からMizunoProの称号を…
  3. 『RMX アイアン』は、 トゥとヒールのラウンドを強くした新設計の「アクティブソール」による抜群の抜…
  4. 精度と許容性をあわせもつ、精悍なキャビティブレード。 シンプルで美しく、コンパクトなヘッドサイズを…
  5. ~地域産業の振興のため、ふるさと納税を中心にゴルフギアをお届け~ ゴルフクラブ発祥の地、兵庫県市川…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る