「わかっちゃいるけどヘッドアップ! パターもそうだったか!!」+αレッスン パート4

  • 2014/5/28

504号で掲載したヘッドアップ特集のパート5のレッスンに乗らなかった物をネット限定でちょい出しします!

まずボールの真後ろからカップを見て素振りをすることが大切。

距離感は練習や経験で合わせられるようになることですが、アマチュアはそうそう練習はできないでしょうから簡単に合わせられる方法をひとつ。打つ前にカップとボールを結んだ線上のボールの真後ろにカップに体の正面を向けて立つ。そしてカップとボールを交互に見ながらその距離をイメージし素振りをする。そのイメージが消えないまま、ボール位置に戻って構えて、一度スパットを確認し、スパットに向かって打ちます。このルーティンを実践で毎回やる事で、自分なりの距離感が作れてくる。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 6月号は650円で発売中!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る