「わかっちゃいるけどヘッドアップ! パターもそうだったか!!」+αレッスン パート4

  • 2014/5/28

504号で掲載したヘッドアップ特集のパート5のレッスンに乗らなかった物をネット限定でちょい出しします!

まずボールの真後ろからカップを見て素振りをすることが大切。

距離感は練習や経験で合わせられるようになることですが、アマチュアはそうそう練習はできないでしょうから簡単に合わせられる方法をひとつ。打つ前にカップとボールを結んだ線上のボールの真後ろにカップに体の正面を向けて立つ。そしてカップとボールを交互に見ながらその距離をイメージし素振りをする。そのイメージが消えないまま、ボール位置に戻って構えて、一度スパットを確認し、スパットに向かって打ちます。このルーティンを実践で毎回やる事で、自分なりの距離感が作れてくる。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 6月号は650円で発売中!

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る