「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」レア見せレッスン パート1

  • 2014/6/5

505号企画「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」の+αレッスンをチョイ出しします。

距離感を養う練習法として左手1本で30ヤードを打つドリルがあります。左手1本でウェッジを持ち、アドレスでの左手首の角度をキープしたまま振ることを心がけましょう。ヘッドとグリップを同じ早さで振るイメージを持つことで、ヘッド軌道が安定します。クラブを体の回転で振れるようになり、距離感が合うようになります。

──────────────────────────────

左手首の角度が変わると×。

左手首が甲側や手のヒラ側に折れるとヘッドの入射角が変わってザックリやトップのミスに。左手首の角度は変えないことがポイントです。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 7月号は650円で発売中!

「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」+αレッスン
パート2は6月12日(木)更新予定!

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る