「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」レア見せレッスン パート1

  • 2014/6/5

505号企画「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」の+αレッスンをチョイ出しします。

距離感を養う練習法として左手1本で30ヤードを打つドリルがあります。左手1本でウェッジを持ち、アドレスでの左手首の角度をキープしたまま振ることを心がけましょう。ヘッドとグリップを同じ早さで振るイメージを持つことで、ヘッド軌道が安定します。クラブを体の回転で振れるようになり、距離感が合うようになります。

──────────────────────────────

左手首の角度が変わると×。

左手首が甲側や手のヒラ側に折れるとヘッドの入射角が変わってザックリやトップのミスに。左手首の角度は変えないことがポイントです。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 7月号は650円で発売中!

「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」+αレッスン
パート2は6月12日(木)更新予定!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 昨年終盤から絶好調、今年こそメジャー制覇の期待が現実味を帯びた年はないのではないでしょうか。そんな松…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2017年2月23日、東京・六本木のリッツ・カールトンホテルで、ヤマハ株式会社が2017年からの契約…
  2. 先進の「boost」テクノロジーを搭載して、シリーズ6代目「パワーバンド ボア ブースト」誕生。 …
  3. 大ミス別アプローチQ&A シリーズ第4弾 今年こそ惨めなアプローチのミスは卒業したい!そん…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る