「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」レア見せレッスン パート2

  • 2014/6/12

505号企画「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」の+αレッスンをチョイ出しします。

私がよくやっているコロがしの打ち方にフェース面を斜めに使ってスピンをかける方法があります。それはテークバックでフェースを開いて、インパクトで閉じることでフェースの開閉を使うことでスピンがかかる方法です。キュキュッとスピンがかかって距離感が合いやすくなるので、試してみてください。

──────────────────────────────

テークバックでフェース面を球に向けない。

フェース面を球に向けて振り上げるとフェース面を斜めに使えず、スピンはかけられないので注意。スピンをかけるにはフェースの開閉が大切なんです。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 7月号は650円で発売中!

「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」+αレッスン
パート3は6月19日(木)更新予定!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る