「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」レア見せレッスン パート3

  • 2014/6/19

505号企画「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」の+αレッスンをチョイ出しします。

50ヤードくらいの距離でもなるべくアマチュアは、スタンス幅を肩幅よりも狭くしたほうがスイング軸を安定させやすくなります。肩幅よりもスタンスが広いと、左右に上体がスエーしてしまい、軸ブレしちゃいますよ。

──────────────────────────────

フルショットよりもスタンス幅は狭く。

フルショットのようにアプローチでスタンス幅を広く取るアマチュアが多いです。なにげなく振るショットの延長でスタンスを広く取る人がいますが、スイング軸が不安定になりやすいので、注意しましょう。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 7月号は650円で発売中!

「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」+αレッスン
パート4は6月26日(木)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「Steelhead XR アイアン」は、かつての名シリーズ、「Steelhead」と、現代の高性能…
  2. アコーディ・ゴルフは、ゴルフを気軽にプレーできるスポーツとしてとらえ、“It’s a new gam…
  3. ツアーバンでプロクラフトマンとしてツアープロのクラブを製作していた赤穂勇介が手掛けるAデザインから、…
  4. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  5. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る