「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」レア見せレッスン パート3

  • 2014/6/19

505号企画「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」の+αレッスンをチョイ出しします。

50ヤードくらいの距離でもなるべくアマチュアは、スタンス幅を肩幅よりも狭くしたほうがスイング軸を安定させやすくなります。肩幅よりもスタンスが広いと、左右に上体がスエーしてしまい、軸ブレしちゃいますよ。

──────────────────────────────

フルショットよりもスタンス幅は狭く。

フルショットのようにアプローチでスタンス幅を広く取るアマチュアが多いです。なにげなく振るショットの延長でスタンスを広く取る人がいますが、スイング軸が不安定になりやすいので、注意しましょう。

──────────────────────────────

男子プロのヘッドアップ解決レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 7月号は650円で発売中!

「大叩きしそうな距離はど〜やって寄せる!?」+αレッスン
パート4は6月26日(木)更新予定!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月はスコアアップの最大の障害である「ダフリをなくす」ための企画が満載です。 大人気のレッスンプロ…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 最近のゴルフは、ほとんどがカートでラウンドするので、以前に比べるとかなり進行も早くて、疲れないように…
  2. 2016年の米国ゴルフダイジェストのホットリストのボール部門1位を獲得して、世界中でメジャーブランド…
  3. 「ダフリ」と一口に言っても、原因はさまざま!! 下半身がブレたり、すくい打ったり、上体が突っ込んだり…
  4. スリクソンから、ソフトな打感で飛距離とスピンコントロール性能に定評のある「スリクソン AD333」に…
  5. 芝が青々とする6、7月はラフも長くなり、アイアンが苦手な人には厳しい季節だ。アイアンではダフリ、トッ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る