「ダボ・トリを防ぐ ショートゲーム教本」レア見せレッスン パート3

  • 2014/8/21

507号企画「ダボ・トリを防ぐ ショートゲーム教本」の+αレッスンをチョイ出しします。

私は通常のバンカーショットでは、球位置は真ん中で構えます。アゴが高いバンカーで球を高く上げる場合には、シャフトは真っすぐにして、球位置は真ん中より1個分左に置きます。どちらも手元は左モモ内側にセットしてアドレスします。フェースは思い切り開いて構えてください。

──────────────────────────────

通常のアドレス        “アゴ高”のアドレス

“アゴ高”でも手元はアゴの真下。

通常の場合でも、“アゴ高”の場合でも、手元はあくまでアゴの真下に来るように、構えてください。手元が遠かったりすると、コックを使って正しく振り上げられませんので、注意しましょう。

──────────────────────────────

女子プロのショートゲーム教本レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 9月号は650円で発売中!

「ダボ・トリを防ぐ ショートゲーム教本」レア見せレッスン
パート2は8月28日(木)更新予定!

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る