「ダボ・トリを防ぐ ショートゲーム教本」レア見せレッスン パート4

  • 2014/8/28

507号企画「ダボ・トリを防ぐ ショートゲーム教本」の+αレッスンをチョイ出しします。

目玉ではフェースをかぶせて打つ方法がオススメですが、その際にハンドファーストになるように打ち込むとよりヘッドを砂に深く突き刺すことができます。極端すぎるのはダメですが、やや手元先行で打ち込めば、刃から突きさせるので、目玉でも球を出せるはずです。

──────────────────────────────

左手首の角度がほどけるとダフる。

左手首の角度がほどけると、ヘッドが速く落ちてダフってしまいます。それでは目玉から球をかき出すことができません。深く突き刺せるように左手首の角度をキープしましょう。

──────────────────────────────

女子プロのショートゲーム教本レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 9月号は650円で発売中!

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

ゴルフトゥデイ主催イベント情報

GTPORAMA

UMAKON
todaypoint

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 世の中に発売されている大半のウエッジは、洗練されたフォージドタイプのウエッジが主流であり、ウエッジに…
  2. 目からウロコ!? そうか! その考え方が朝練の極意だったのか!! プロがコースで良いスコアを出せる…
  3. 練習場では良いのにコースでダメなのはなぜ!? を脳科学で検証! アベレージゴルファー VS 競技経…
  4. ゴルファーの心強いアイテム”レーザー距離計”。国内外のプロから絶大なる信頼を得ている“BUSHNEL…
  5. 伝説の名器と呼び声高い、キャロウェイの「X FORGEDアイアン」が、本年4年ぶりに刷新し、Newモ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る