「状況別 “ぺっぴん”アイアン術」レア見せレッスン パート2

  • 2014/9/17

508号企画「状況別 “ぺっぴん”アイアン術」の+αレッスンをチョイ出しします。

ツマ先下がりではオープンスタンスでスライスを打とうと言いました。ここで気をつけてほしいのが、前傾角度です。拇指丘で踏ん張って腰を落としたら、上体が浮いたり突っ込んだりしないようにハーフスイングしてください。前傾角度が狂わなければ正確にミートできます。

──────────────────────────────

アドレスで上体が浮いては×。

アドレスでは棒立ち気味になる人がいますので、しっかり腰を落としてスイングすることを心がけましょう。上体だけで振るイメージでOKです。

──────────────────────────────

女子プロのショートゲーム教本レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 10月号は650円で発売中!

「状況別 “ぺっぴん”アイアン術」レア見せレッスン
パート2は9月24日(水)更新予定!

関連記事

ログイン

You are not logged in.

ピックアップ記事

  1. ジョーダン・スピースの日本限定 アンダーアーマーゴルフシューズが世界に先駆け先行限定発売。 アンダ…
  2. US PGAで大活躍中の松山英樹。彼がトーナメントで優勝。上位入賞を果たすために選んだドライバーがキ…
  3. 昨年の日本オープンをアマチュアとして制した畑岡奈紗が、クラブでダンロップスポーツ・スリクソンと契約を…
ページ上部へ戻る