「状況別 “ぺっぴん”アイアン術」レア見せレッスン パート2

  • 2014/9/17

508号企画「状況別 “ぺっぴん”アイアン術」の+αレッスンをチョイ出しします。

ツマ先下がりではオープンスタンスでスライスを打とうと言いました。ここで気をつけてほしいのが、前傾角度です。拇指丘で踏ん張って腰を落としたら、上体が浮いたり突っ込んだりしないようにハーフスイングしてください。前傾角度が狂わなければ正確にミートできます。

──────────────────────────────

アドレスで上体が浮いては×。

アドレスでは棒立ち気味になる人がいますので、しっかり腰を落としてスイングすることを心がけましょう。上体だけで振るイメージでOKです。

──────────────────────────────

女子プロのショートゲーム教本レッスンが載っている
ゴルフトゥデイ 10月号は650円で発売中!

「状況別 “ぺっぴん”アイアン術」レア見せレッスン
パート2は9月24日(水)更新予定!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 春到来! いよいよ始まるゴルフシーズンを気持ちよくスタートしたいですね! 冬の間はクラブを握っていな…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 「飛んで曲がらない」と評判のリョーマのフラッグシップドライバー”MAXIMA TYPE-D”。(ルー…
  2. テーラーメイドからヘッド素材として303 ステンレススチールの採用に加え、削り出しの工程には新工法ス…
  3. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る