パターによって打ち方は変わる?「石井忍のパット解体真書」

  • 2015/6/30

2015/6/30

みなさんはパターはどんな形状のものをお使いですか?
ブレード系・ネオマレット系それぞれに適した振り方があるのです。パットマイスター石井忍プロに教えていただきましょう。

■ブレード系は方を左右に動かす

ブレード系は重心距離があるため、フェースがターンしやすく、インサイド・ストレートで打った方がボールの転がりが良くのが特徴です。
軸を意識して肩を左右に回すことでテークバックでヘッドがインに入りやすくなりインサイド・ストレートで打ちやすくなります。

ブレード系 は「スタンス幅は狭め」「肩は左右に回す」でナイスパット!』

■ネオマレット系は上下に動かす

ネオマレット系はストレート軌道で打つと転がりがよくなるのが特徴です。
そのためには広めのスタンスで体を正面に向けたまま肩を上下に動かすようにすると良いとのこと。肩の上下動を使うと体の回転がすくなるなり、ヘッドを真っ直ぐ動かすには最適となります。

ネオマレット は「スタンス幅は広め」「肩は上下に動かす」でナイスパット!』

みなさん、参考にしてくださいね。

※ゴルフトゥデイ 2015年7月号より

 

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る