「タメ強女子は高重心で打ち込む!」藤田光里流セッティング術

  • 2015/7/4

2015/7/4

今季、フジサンケイレディスで初優勝を飾るなど大活躍の藤田光里プロ。美人プロとしても有名な藤田プロの勝負セッティングを見てみましょう。

■長身で縦振りにになるため高重心ヘッドがベストマッチ!

1W:ビッグバーサアルファ♦♦815(9°/スピーダーエボリューション569/S)
3W:XRプロ(16°/スピーダーエボリューション569/S/43inch)
3U:X2 HOT(19°/MCH-70/S/40.25inch)
4U:X2 HOT(22°/MCH-70/S/40inch)
5I〜PW:APEXプロ(NSプロ850GH/S/#5・38inch)
ウェッジ(47度):マックダディ2(47°/11°/(NSプロ850GH/S/35.5inch)
ウェッジ(52度):マックダディ2ツアーG(52°/10°/NSプロ850GH/S/35.25inch)
ウェッジ(56度):マックダディ2ツアーG(56°/11°/NSプロ850GH/S/35inch)
Putter:オデッセイ ホワイト ダマスカス iX #9

※1W〜Putterまですべて「キャロウェイゴルフ」

藤田プロはアイアンに注目。藤田プロは165cmと比較的長身でタメが強く、ヘッド軌道が縦振りになりターフが深くとれる”打ち込みタイプ”と言えます。打ち込みタイプにはハーフキャビティなど高重心ヘッドがオススメです。ヘッドの真ん中くらいに当たるので、より芯に近いところで打てます。

また藤田プロが使うAPEXプロは操作性の高い軟鉄鍛造のツアーモデル。ソフトな打感で多少のミスヒットの強さもあります。

みなさんいかがでしたか?参考にしてみてくださいね。

※取材トーナメント:ダイキンオーキッドレディス・ANAインスピレーション・ヤマハレディース葛城

※ゴルフトゥデイ 2015年7月号より

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  2. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  3. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  4. ブリヂストンスポーツから飛距離性能を徹底的に追求した爆飛びアイアン『TOUR B JGR HF1』と…
  5. 空力と力学を追求し、シャフトのねじれとしなりをコントロールしてヘッドスピードを向上させた新発想の「S…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る