「タメ強女子は高重心で打ち込む!」藤田光里流セッティング術

  • 2015/7/4

2015/7/4

今季、フジサンケイレディスで初優勝を飾るなど大活躍の藤田光里プロ。美人プロとしても有名な藤田プロの勝負セッティングを見てみましょう。

■長身で縦振りにになるため高重心ヘッドがベストマッチ!

1W:ビッグバーサアルファ♦♦815(9°/スピーダーエボリューション569/S)
3W:XRプロ(16°/スピーダーエボリューション569/S/43inch)
3U:X2 HOT(19°/MCH-70/S/40.25inch)
4U:X2 HOT(22°/MCH-70/S/40inch)
5I〜PW:APEXプロ(NSプロ850GH/S/#5・38inch)
ウェッジ(47度):マックダディ2(47°/11°/(NSプロ850GH/S/35.5inch)
ウェッジ(52度):マックダディ2ツアーG(52°/10°/NSプロ850GH/S/35.25inch)
ウェッジ(56度):マックダディ2ツアーG(56°/11°/NSプロ850GH/S/35inch)
Putter:オデッセイ ホワイト ダマスカス iX #9

※1W〜Putterまですべて「キャロウェイゴルフ」

藤田プロはアイアンに注目。藤田プロは165cmと比較的長身でタメが強く、ヘッド軌道が縦振りになりターフが深くとれる”打ち込みタイプ”と言えます。打ち込みタイプにはハーフキャビティなど高重心ヘッドがオススメです。ヘッドの真ん中くらいに当たるので、より芯に近いところで打てます。

また藤田プロが使うAPEXプロは操作性の高い軟鉄鍛造のツアーモデル。ソフトな打感で多少のミスヒットの強さもあります。

みなさんいかがでしたか?参考にしてみてくださいね。

※取材トーナメント:ダイキンオーキッドレディス・ANAインスピレーション・ヤマハレディース葛城

※ゴルフトゥデイ 2015年7月号より

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る