不安を解決してナイスショット!菊地絵里香流ティショットの「チョイコツ」

  • 2015/7/13

なんだかティショット、ちょっと不安だなぁ…なんて思いながら打ってみたらやっぱりミスショットになってしまった!!なんて経験ありませんか?そんな時のチョっとしたコツを菊地絵里香プロが伝授します。

■ティアップを低くする

通常ドライバーショットはボール半個分クラウンから出してティアップするのが正解ですが、朝一などティショットに不安がある場合はティアップの高さを、ヘッド部からボールがハミ出さない程度に低くして、ボールの手前から低くヘッドを入れるイメージで振ります。

いつものティアップ

朝一などの不安がある場合のティアップ

低くティアップした場合は球を上げようとせず水平に打つことでヘッドアップせずミート率がアップします。

大振りは禁物です。両膝の内側で体重移動するイメージで振りましょう。

※GOLF TODAYレッスンブック 「女子プロと一緒に上手くなろう!?」より
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8147

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 私たちは宣言します。 “もっと面白くします!” そう宣言した今号は 「なぜオヤジは女子プロより…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. キャロウェイのX FORGEDアイアンは、2007年に軟鉄鍛造キャビティーアイアンとして初代が発売さ…
  2. 高いミート率を武器に飛ばす女子プロ。では、なぜミート率をアップできるのか? ということで、今回は女…
  3. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。過去からMizunoProの称号を継承…
  4. 『RMX アイアン』は、 トゥとヒールのラウンドを強くした新設計の「アクティブソール」による抜群の抜…
  5. 精度と許容性をあわせもつ、精悍なキャビティブレード。 シンプルで美しく、コンパクトなヘッドサイズを…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る