不安を解決してナイスショット!菊地絵里香流ティショットの「チョイコツ」

  • 2015/7/13

なんだかティショット、ちょっと不安だなぁ…なんて思いながら打ってみたらやっぱりミスショットになってしまった!!なんて経験ありませんか?そんな時のチョっとしたコツを菊地絵里香プロが伝授します。

■ティアップを低くする

通常ドライバーショットはボール半個分クラウンから出してティアップするのが正解ですが、朝一などティショットに不安がある場合はティアップの高さを、ヘッド部からボールがハミ出さない程度に低くして、ボールの手前から低くヘッドを入れるイメージで振ります。

いつものティアップ

朝一などの不安がある場合のティアップ

低くティアップした場合は球を上げようとせず水平に打つことでヘッドアップせずミート率がアップします。

大振りは禁物です。両膝の内側で体重移動するイメージで振りましょう。

※GOLF TODAYレッスンブック 「女子プロと一緒に上手くなろう!?」より
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8147

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る