不安を解決してナイスショット!菊地絵里香流ティショットの「チョイコツ」

  • 2015/7/13

なんだかティショット、ちょっと不安だなぁ…なんて思いながら打ってみたらやっぱりミスショットになってしまった!!なんて経験ありませんか?そんな時のチョっとしたコツを菊地絵里香プロが伝授します。

■ティアップを低くする

通常ドライバーショットはボール半個分クラウンから出してティアップするのが正解ですが、朝一などティショットに不安がある場合はティアップの高さを、ヘッド部からボールがハミ出さない程度に低くして、ボールの手前から低くヘッドを入れるイメージで振ります。

いつものティアップ

朝一などの不安がある場合のティアップ

低くティアップした場合は球を上げようとせず水平に打つことでヘッドアップせずミート率がアップします。

大振りは禁物です。両膝の内側で体重移動するイメージで振りましょう。

※GOLF TODAYレッスンブック 「女子プロと一緒に上手くなろう!?」より
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8147

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

ゴルフトゥデイ主催イベント情報

GTPORAMA

UMAKON
todaypoint

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2017年11月11日に開催された、ゴルフトゥデイ2017シャフト試打会。 協賛いただいたシャ…
  2. ゴルフシミュレーターメーカー、GOLFZON社の契約プロであり、愛らしいルックスと飾らない人柄で大人…
  3. 本間ゴルフが展開する、スコアアップを目指す熱意系アベレージゴルファーのためのブランド「Be ZEAL…
  4. 本年10月に、米国LPGAにて活躍するチョン・インジが来日したおり、ゴルフウェアブランド「&(アンパ…
  5. 目からウロコ!? そうか! その考え方が朝練の極意だったのか!! プロがコースで良いスコアを出せる…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る