不安を解決してナイスショット!菊地絵里香流ティショットの「チョイコツ」

  • 2015/7/13

なんだかティショット、ちょっと不安だなぁ…なんて思いながら打ってみたらやっぱりミスショットになってしまった!!なんて経験ありませんか?そんな時のチョっとしたコツを菊地絵里香プロが伝授します。

■ティアップを低くする

通常ドライバーショットはボール半個分クラウンから出してティアップするのが正解ですが、朝一などティショットに不安がある場合はティアップの高さを、ヘッド部からボールがハミ出さない程度に低くして、ボールの手前から低くヘッドを入れるイメージで振ります。

いつものティアップ

朝一などの不安がある場合のティアップ

低くティアップした場合は球を上げようとせず水平に打つことでヘッドアップせずミート率がアップします。

大振りは禁物です。両膝の内側で体重移動するイメージで振りましょう。

※GOLF TODAYレッスンブック 「女子プロと一緒に上手くなろう!?」より
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8147

 

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月は、ゴルフシーズン突入ということで、自分の目標にしているスコアをクリアしたい方に贈る企画です。 …

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. アマチュアと同じくらいのヘッドスピードなのに250ヤード飛ばせる秘訣とは!? ヘッドスピード42m…
  2. 全国のBSファンに朗報だ。ブリヂストンスポーツから、昨年10 月に発売した「TOUR B X-CB」…
  3. アマチュアと同じくらいのヘッドスピードなのに250ヤード飛ばせる秘訣とは!? ヘッドスピード42m…
  4. 知る人ぞ知る、プレミアムクラブメーカーのイーデルから、全ての番手が同じレングス(長さ)のアイアンが発…
  5. 今年の秋は、一生の思い出作りにニューヨークへ行こう! 2年に1度開催される、米国VS世界選抜のゴル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る