いつもの素振りにひと工夫!前田陽子流力み解消術

  • 2015/7/20

通算2勝目をあげるなど好調な前田プロ。そんな前田プロに力みを解消してクラブを振り切る方法を教えていただきました。

■フォロー素振りで力み解消!

練習場ではリズムよく振れているが、本番になるとどうしても力んでしまうことってありませんか?そんなときはフォローから素振りすることでリズムを良くして力みを解消することができるのだそうです。

やり方は簡単です。まずはクラブを体の正面にセットし、その後フォローの形を作りヘッドを前に出します。フォローの形を作ったところから素振りをします。この素振りを繰り返す事で体が大きく動いて緊張を解きほぐすことができます。クラブを振り抜くラインが意識でき、スイングのリズムも良くなる効果があります。

●ポイント その1

バックスイングはすべての体重を右足に乗せます。

●ポイント その2

体重を左足に乗せてクラブを振り切ります。

ウェッジなどの重めの番手でクラブに振られる感覚をつかみましょう。スタート前のストレッチとしても有効です。是非試してみてくださいね。

※ゴルフトゥデイ 2015年8月号より

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  2. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  3. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…
  4. ブリヂストンスポーツから飛距離性能を徹底的に追求した爆飛びアイアン『TOUR B JGR HF1』と…
  5. 空力と力学を追求し、シャフトのねじれとしなりをコントロールしてヘッドスピードを向上させた新発想の「S…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る