リズムの良さが強さの秘訣!アン・ソンジュ流スイングリズムの作り方

  • 2015/7/27

3度の賞金女王に輝くなど安定したゴルフが定評のアン・ソンジュプロ。そんなアン・ソンジュプロにスイングリズムの作り方について教えていただきました。

■ゆ〜っくりテークバックで手打ち防止!

ほとのどのアマチュアはコースではスイングリズムが早くなりがち。いつもよりゆっくりテークバックするのが練習場と同じリズムで振るコツなのだそうです。ゆっくりテークバックをすることで手打ち防止にもなります。

アドレスで「イチ」、次に「ニィ〜」と数えながらゆっくりテークバック。そして”サン”と唱えながらフォローまで一気に振るイメージです。

この時体重移動は意識しなくてOK。意識するとリズムがゆっくり取りづらくスエーしやすくなってしまいます。足幅の範囲でゆっくり体を回しましょう。

 

全クラブ同じリズムがスゴク大切だヨ!

全クラブ同じリズムがスゴク大切だヨ!

※GOLF TODAYレッスンブック 「女子プロと一緒に上手くなろう!?」より
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8147

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月はスコアアップの最大の障害である「ダフリをなくす」ための企画が満載です。 大人気のレッスンプロ…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. プロの繊細な感性とこだわりに、妥協を許さず応え続けてきたゾディアから、鍛えられた研磨技術を注ぎ込んだ…
  2. 最近のゴルフは、ほとんどがカートでラウンドするので、以前に比べるとかなり進行も早くて、疲れないように…
  3. 2016年の米国ゴルフダイジェストのホットリストのボール部門1位を獲得して、世界中でメジャーブランド…
  4. 「ダフリ」と一口に言っても、原因はさまざま!! 下半身がブレたり、すくい打ったり、上体が突っ込んだり…
  5. スリクソンから、ソフトな打感で飛距離とスピンコントロール性能に定評のある「スリクソン AD333」に…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る