リズムの良さが強さの秘訣!アン・ソンジュ流スイングリズムの作り方

  • 2015/7/27

3度の賞金女王に輝くなど安定したゴルフが定評のアン・ソンジュプロ。そんなアン・ソンジュプロにスイングリズムの作り方について教えていただきました。

■ゆ〜っくりテークバックで手打ち防止!

ほとのどのアマチュアはコースではスイングリズムが早くなりがち。いつもよりゆっくりテークバックするのが練習場と同じリズムで振るコツなのだそうです。ゆっくりテークバックをすることで手打ち防止にもなります。

アドレスで「イチ」、次に「ニィ〜」と数えながらゆっくりテークバック。そして”サン”と唱えながらフォローまで一気に振るイメージです。

この時体重移動は意識しなくてOK。意識するとリズムがゆっくり取りづらくスエーしやすくなってしまいます。足幅の範囲でゆっくり体を回しましょう。

 

全クラブ同じリズムがスゴク大切だヨ!

全クラブ同じリズムがスゴク大切だヨ!

※GOLF TODAYレッスンブック 「女子プロと一緒に上手くなろう!?」より
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=8147

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

ゴルフトゥデイ主催イベント情報

GTPORAMA

UMAKON
todaypoint

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 本年10月に、米国LPGAにて活躍するチョン・インジが来日したおり、ゴルフウェアブランド「&(アンパ…
  2. 目からウロコ!? そうか! その考え方が朝練の極意だったのか!! プロがコースで良いスコアを出せる…
  3. バッバ・ワトソンも愛用する、その鮮やかなカラーリングで見やすさと集中力を高めコースマネージメントをサ…
  4. ヨネックスが長き沈黙から、新たにその技術とクオリティーを駆使した新製品を発表した。このEZONE G…
  5. 世の中に発売されている大半のウエッジは、洗練されたフォージドタイプのウエッジが主流であり、ウエッジに…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る