申ジエの「自宅でできるパット練」で、芯に当たる!

  • 2016/2/15

お家でできるゴルフ練習の筆頭は、やはり「パット」ですよね。世界トップレベルの技術を持つ「申ジエ」プロに、自宅でできてかつ効果的な練習法を聞きました。

■「低く長い」フォローを手に入れる!
J-1-2-女子パットドリル523

しっかりと芯でヒットすることで、ボールのコロがりはよくなります。
そのために絶対不可欠と言えるのが「ヘッドをフォローで低く出す」ということ。

申プロによれば、プロですら意識しなければヘッドは上がってしまうのだとか。

というわけで、低く長いフォローを強制的に取るドリルがこちら!

■高さ6〜8cmの障害物を用意しよう
J-2-13-女子パットドリル523

このドリルに必要なのが高さ6〜8cmの障害物です。
練習グリーンなら6〜8cmの高さにティをさし、その上にグリップを置きましょう。

自宅などティがさせない状況ならば、ボールなどでグリップ&シャフトを支え、6〜8cmの障害物を作ってください。
J-02-16-女子パットドリル523

障害物を置く場所は、ボールよりフォロー側に5〜7cm。
J-2-15-女子パットドリル523

この障害物に当てないようにフォローを出すことで、芯に当てる感覚を養おう!
J-2-5-女子パットドリル523

■パット練習のポイントは?

いざ練習!……の前に、フォームにも気をつけて。
J-2-7-女子パットドリル523

両ワキを締めて、手先の力は極力使わず、ヘッドの重さを感じた状態で「低く出す」のが理想だそう。

打ち終わった後は、フォローでピタッとヘッドを止める意識を持つと、より低く出しやすくなります。
J-2-8-女子パットドリル523

■PLUS ONE!「長く握って、ユルゆるグリップ」

おすすめは「クラブを長く握ること」。
J-2-12-女子パットドリル523

これでヘッドの重さが感じやすくなり、挙動も安定します。

J-2-1-女子パットドリル523

申ジエ(スリーボンドホールディングス) 1988年4月28日生まれ。韓国出身。世界ランク1位に輝いたこともある実力者。世界レベルの技術力で賞金女王を狙う。

 

このドリルなら、お家のパターマットが短めでも問題なく練習できそうです!
「自宅パット練してるけど漫然と打っているかも」とか「マットはあるけど、なんとなく飽きちゃって…」なんて方、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

(この記事はゴルフトゥデイ2016年2月号より抜粋・一部加筆したものです)

【こんな記事もどうぞ!】
イ・ボミ直伝の「素振り」で、肝心な時の大ダフリを防ぐ!
【動画あり】ゴルフ界震撼!ジョーダン・スピース公式首振り人形がコワおもしろい
全米オープン「松山英樹選手応援ツアー」がスゴい…VIPテントから選手との交流会も!?
「M2」ドライバーもモデル別使用率NO.1獲得!TaylorMade 「M」ファミリー快進撃

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

ゴルフトゥデイ主催イベント情報

GTPORAMA

UMAKON
todaypoint

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 世の中に発売されている大半のウエッジは、洗練されたフォージドタイプのウエッジが主流であり、ウエッジに…
  2. 目からウロコ!? そうか! その考え方が朝練の極意だったのか!! プロがコースで良いスコアを出せる…
  3. 練習場では良いのにコースでダメなのはなぜ!? を脳科学で検証! アベレージゴルファー VS 競技経…
  4. ゴルファーの心強いアイテム”レーザー距離計”。国内外のプロから絶大なる信頼を得ている“BUSHNEL…
  5. 伝説の名器と呼び声高い、キャロウェイの「X FORGEDアイアン」が、本年4年ぶりに刷新し、Newモ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る