【人気女子プロレッスン】ラウンド中、アイアンのダフリが止まらないときの”応急処置法” by 金田久美子

  • 2017/3/31

ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返されてとんでもない大ミスに……。ということで、ラウンド中にダフリが出てもケガを最小限に食い止められる応急処置法を女子プロがレクチャー!

前日、秘密練習できる特訓法もお見逃しなく♪

パート4 ”金田久美子”編

”難しいライの対処法” 【左足下がり】
早春の薄芝で、さらに左足下がりのライだと、どうしてもダフリがち。

球1個ぶん右にセット&左足体重を保って振る!


決して上げようとしないこと! 低いライナー性の当たりでOK。

少しでも右に残ると即ダフリ!
右足側の地面が高いぶん、球を上げようとして右に残るとダフリに直結してしまう。

絶対に球を上げようとしないで、傾斜に沿って振ることが大事です!
左足下がりは右足側の芝が高い状況。手前の芝を叩かないための工夫が必要です。といってもすごく簡単! 球1個ぶん右に置けばOKです。あとは肩やヒザのラインを地面と平行にして左足体重で構えたら、いつもどおり振るだけ。ただし少しでも右肩が下がれば即ダフリに……。体重移動をせず地面に沿って振り抜きましょう。


球1個ぶん右に置き、手前の傾斜に当たるのを防止。
球よりも手前の地面が高いため、いつもと同じ球位置だと普通に振ってもダフリやすい状況。1個ぶん右に置いて早くヒットできるようにするのがポイント。


8割のスイングが◎
決して大振りせず、ライナーの球筋を意識して肩から肩までの8割スイングで、確実なミートを心がけよう。


地面と平行に立って左足体重に構え、体重移動を抑えてコンパクトに振り抜こう。

金田久美子(スタンレー電気)
1989年8月14日生まれ。166㎝、51㎏。愛知県出身。昨年は賞金ランク50位でシード圏内に滑り込み。自身5度目となる賞金シード入りを果たした。11年以来2勝目に期待がかかる。

この記事は、ゴルフトゥデイ2017年3月号より抜粋、加筆したものです。

最新のテクニック習得企画は、最新号でチェック。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月の巻頭特集は、長年ゴルフをしてきても、なかなか90のカベを破れない方へ贈る企画です。 マスター…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 2016年にリリースされたマルマンの”KSパター”がゴルフ・ダイジェスト。オンラインが主幹する「HO…
  2. ダッファーには辛い季節、芝の薄い“早春ゴルフ”は、少しでもダフるとカチコチの地面にヘッドがハネ返され…
  3. ゴルフ場でのセルフプレイはもはや一般的になっており。従来キャディーのアドバイスによる残り距離の把握は…
  4. 新開発の「マイクロヒンジ・インサート」によりかつてない”転がり”で話題の”O-WORKSパター”。 …
  5. 刻印カラー、バックフェース、グリップがオレンジのスペシャルバージョン。 ダンロップスポーツから…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る