【人気女子プロのとっておきレッスン】人気女子プロが実践している”スグに飛ばせる”私の秘訣!! Part 5

  • 2017/5/23

アマチュアと同じくらいのヘッドスピードなのに250ヤード飛ばせる秘訣とは!?

ヘッドスピード42m/s前後の女子プロが250ヤードも飛ばせて、なんで同じくらいのヘッドスピードのアマチュアが飛ばせないのか?
それは彼女たちもただやみくものフルスイングしているわけではなく、ちょっとした工夫をしながら打っているのです。その女子プロたちが、実践している飛ばしの秘訣を聞いてみた!

飛ばないアマチュアは切り返しで体が目標方向に動く、プロは体の動きを抑えたまま腕が下りてくる。

女子プロが第一に気をつけているのがダウンでの体の開き! これはアマチュアにも言えることで、体が開いてしまうと飛ばないスライスの原因になるという。

右肩が下がってすくい打ちに!! by 香妻琴乃

思い切り振ろうと考えると、どうしても右肩が下がって体が開く。こうするとフォローでヘッドが走らず、あおった打ち方になり、飛ばせません。

2つのドリルをやってもまだいまいち飛距離が出てないなって感じる人には、香妻がやっているこの工夫がオススメ。「もう少しのガマンが飛距離につながる」と香妻はいう。

右肩をアゴにつけるまで”顔”をガマン!!

フォローまで顔を上げなければ体は開かずに、腕、ヘッドが走って飛ぶんですよ!

顔の左にカベがあるように感じてフォローまで振り切ろう。右肩がアゴにつくまでガマンすることで、体は最後まで開かなくなり、スムーズにヘッドは走る。

飛距離が出ないって人は、顔や体の左に向けるタイミングがまだ早いよ。

私がいつもミスショットだなって思う時は、だいたいが顔が早く上がってしまっています。結果が気になってしまい、インパクトと同時に顔を上げてしまう。そうするとせっかくダウンで体が開かなかったのに、顔が上がって右肩が出るので、手が先行したスイングになりヘッドは走らなくなってしまいます。そこで私がいつも気をつけているのが、フォローでアゴに右肩がつくまで顔を上げないでガマンすること。こうすることで腕とヘッドが体にジャマされることなく走るので、ヘッドスピードは上がって飛距離も出るのです。

ダウンスイングでせっかく体を開かなくても、インパクト以降で顔を左に向けると手が先行しやすくヘッドが走らない。

グリップは中指と薬指でゆるく握ろう!

両手の中指と薬指でグリップを包むように握れば、よけいな手の力は入らない。決して手のヒラでは握らない。

フィニッシュでボールの方向を見ればいいと思って、左に顔が向きたいのをガマンして右肩がアゴにつくまで待とう。この待つことが体を開かずヘッドを走らせる1番のコツ。

香妻琴乃(サマンサタバサ)

1992年4月17日生まれ、157㎝。14年にブレイクしトップ10に7回と初優勝までもう少しのところまでいった。

この記事は、ゴルフトゥデイ2017年5月号より抜粋、加筆したものです。

最新のテクニック習得企画は、最新号でチェック。

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. ヤマハゴルフがプロと共に約2年間共同で開発した新設計ソール「アクティブソール for wedge」に…
  2. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  3. すべてのプレーヤーにまっすぐ遠くに飛ぶ気持ちよさを。 最大の飛距離と許容性をもったタイトリスト。 …
  4. 山中、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の前に姿を現し、目指す地へ導いたという吉祥の犬。古来より神…
  5. ヨネックスから、衝撃吸収性と反発性を併せ持つ素材パワークッション®をさらに進化させた「パワークッショ…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る