【Lesson】木戸愛ちゃんが、アマの3大ダフリをタイプ別にとっておきの解決法でレクチャーします♡Part 1!!

  • 2017/6/18

「ダフリ」と一口に言っても、原因はさまざま!! 下半身がブレたり、すくい打ったり、上体が突っ込んだり……自分の“悩みやクセ”をしっかり把握して、それぞれに合った対処法を取り入れることが、解決への一番の近道。

木戸ちゃんがわかりやすくキュートに、LESSONします♪

あなたのダフリタイプは、どれ!?

疲れなどで下半身が不安定になって左右に大きくブレると、スイング軸にもブレが生じ、インパクトポイントが狂ってダフってしまう。

左ツマ先を開いて、
下半身をどっしりさせて♪

いつもどおり構えてから左ツマ先を開こう。
最初からツマ先を開くと、球の位置などが狂いやすいので要注意。いつもどおり構えてから左ツマ先を開こう。

構えどおりヘッドを戻して確実にミートするには、肩幅の中で体を回して軸をブラさないことが大切。

下半身が右に左に大きくズレると、スイング軸がブレて構えどおりに正しくヘッドを戻せずダフリに。

左ツマ先を外に向けるとストッパーの役目を果たし、バックスイングでヒザが中に入りすぎたり、ダウンスイングで左に流れるのを防いでくれる。

ツマ先を開いてもヒザが正面を向いたままだと安定感に欠ける。ヒザをツマ先と同じ方向に向けると、左サイドががっちり固定されて、スイング中の軸ブレを効果的に防げる。

左ツマ先を外に向けると左サイドが程よく固定されて軸ブレを防いでくれます!

下半身を安定させたいときは、左足ツマ先を少し開いた“ガニ股”状態で構えるのがオススメです。たったこれだけで左サイドが程よく固定されるので、バックスイングでヒザが中に入りすぎたり、ダウンスイングでヒザが左に流れるのを防止。結果、軸がしっかりと固定されて構えたところにすんなりヘッドが戻るため、ダフリを解消できるというわけです。このとき左ヒザもしっかりと外を向けるのが、安定感UPのポイントです。

さて、ゴルフトゥデイ7月号では「木戸愛」ちゃんがタイプ別、ダフリの直し方を徹底的に解説。

より詳しい内容は本誌「ゴルフトゥデイ7月号」でじっくりと研究してみてください。

あなたもこれで80台が狙えますよ。

関連記事

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. 秋のコンペシーズン真っ盛り。順位もさることながら、ドラコン賞の行方も気になりますよね~。やっぱり男は…
  2. (さらに…)…
  3. 発売以来ダスティン・ジョンソンをはじめ、多くのツアープロが実戦で使用し、高いパフォーマンスを発揮して…
  4. ゼクシオ・ゴルフクラブの節目となる10代目の「ゼクシオ テン」発売を記念して、“ブリリアントカット”…
  5. RMXの登場から、フェアウェイウッドやユーティリティーの概念が大きく変化した。2016モデル…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る