【Lesson】3メートル以内を”1パットで決める”女子プロたちのお約束!! ♡Part 3「松森彩夏」編!!

  • 2017/7/24

“入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる!
とっておきのヒントを6人の人気女子プロたちがレッスンします!

♡Part 3「松森彩夏」編!!

~ワキを締めたら自然と上半身で打てるんです!~

クラブを体の前で持った時のワキの締まりが正解です。

両ワキが開いていると手の力だけでストロークすることになり、クラブがフラフラと色んな動きをしてしまいます。両ワキをピタっとくっつけてストロークするだけで、自然と上半身で打ててる感じがして、手首を使わずに打てるようになります。この動きができていると、常に同じ所にボールが出るようになるので、再現性がアップします。

クラブを下から支えるように持った状態でストロークすると、自分の肩甲骨や肩が手と一緒に動く感覚がつかめる。

「上半身で打つ」を体感しよう。

後ろから左右の肩甲骨に手を添えてもらい、その部分を動かすようにしてストロークすると、上半身を動かす感覚がつかみやすい。

松森彩夏(スターツ)
1994年5月19日生まれ。東京都出身。
日本大学高等学校(東京都)卒業。16年の「富士通レディス」で初優勝。今季2勝目が期待される選手。13年プロテスト合格。

さて、ゴルフトゥデイ8月号では「人気女子プロ」が3メートル以内を”1パットで決める”テクニックを解説。
より詳しい内容は本誌「ゴルフトゥデイ8月号」でじっくりと研究してみてください。
あなたもこれで80台が狙えますよ。

関連記事

ゴルフトゥデイ最新号

  1. 今月のテーマは、今後のゴルフの救世主になるではないかと思われる「6番ユーティリティ」。5番アイアンと…

FST JAPAN

akira-products 2

elitegrips

sevendreamers

footjoy

toegripper

tabata

masterbunny

truetemper 2

nipponshaft

dunlop

munsing

infinitybalance

ログイン

ログインしていません。

ピックアップ記事

  1. そのクラブに、命を吹き込む技がある。ミズノクラフトマンシップ。Mizuno Proシリーズの中で最も…
  2. 男子ツアーではチャン・キムがセガサミーカップで圧倒的なドライブディスタンスを叩き出し優勝。女子ツアー…
  3. 北米ではすでに先行発売され、EPICドライバーをも凌駕するその飛距離に大きな話題を呼んでいた「EPI…
  4. 「ゴルフが上手になりたい」という想いは、世界中の全てのゴルファーに共通する願いだが、その道のりは極め…
  5. “入れごろ、外しごろ”と言われる距離を含む3メートル以内のパッティングに自信が持てる! とっておき…

RSS GT-Birdies

ページ上部へ戻る